ここから本文です

とと・西島秀俊「当たり前にある毎日でも…」は脚本家の心情

NEWS ポストセブン 9/30(金) 7:00配信

 番組スタートから高視聴率をキープし、ついに10月1日、最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。脚本を担当した西田征史さんは、この作品に込めた思いについて、「いろいろありますが、一つを強いて挙げるとするならば、日々のささやかな瞬間を大切にしていくことの意味、すばらしさ」だと言う。

「1960年代以降、核家族が増えましたが、それさえ減ってきて今や個の時代です。ドラマを見て、大家族があった時代を振り返り、何か感じていただけていたら、うれしいなと」

 ドラマでは常子の家族を筆頭に、さまざまな家族の姿が描かれた。名シーンのひとつが物語の序盤、西島秀俊演じる “とと”竹蔵が生きている頃、「当たり前にある毎日でも、それはとっても大切な一瞬の積み重ねだと思っています。そしてそれは、いつ失うことになるかわからない」と家族との時間を大切にしたいという思いを語った場面だ。実はこのシーン、西田さんが8才の頃、2才上の兄を亡くしている経験が影響している。

「兄は交通事故で亡くなりました。昨日まで共に暮らしていたのに明日は一緒にいるか誰にもわからない。そういう思いはずっと自分の中にありました」(西田さん)

 西田さんが印象深いと語るシーンは、小橋家の次女・鞠子(相楽樹)の結婚式だ。鞠子が水田正平(伊藤淳史)と結婚、両家を招いて式が開かれる。花山(唐沢寿明)に続いて挨拶した常子(高畑充希)は、用意していた挨拶文が花山がした話と同じ内容だったことを知り、困惑しながら招待客の前に立つ。

「一度硬いムードで結婚式を描いたのですが、『とと姉ちゃん』らしい結婚式のシーンにしたいと思い、最後まで悩みました。締め切りが迫るなか、思いついたのが、花山と祝福のコメントがかぶってしまい、鞠子や家族への気持ちを思わず吐露するという流れ。おかしみのあるシーンを挟めたことで、常子、そして小橋家らしい結婚式にできたのかなと」(西田さん)

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。