ここから本文です

子どもの歯科矯正、焦りは禁物?

R25 9/30(金) 7:00配信

子どもの歯科矯正、焦りは禁物?

写真:R25 子どもの歯科矯正、焦りは禁物? より

子どもの歯が生えそろってくると、次に気になるのは歯並び。顔の印象も変わってくるため、子どもの将来を考え、歯科矯正を検討するママは少なくないのでは? とはいえ、「いつから始めるのがいいのか」「費用はどれくらいなのか」など、歯科矯正には分からないことが多すぎる…。そこで、歯科矯正のあれこれを掘り下げます!

子どもと大人の歯科矯正の違い
子どもの歯科矯正には「一期治療」と「二期治療」があります。「一期治療」とは、乳歯の時期や、永久歯に生えそろっていない時期に行う治療で、顎のバランスを整えて永久歯がきちんと生える準備をしてあげる治療のこと。一方、「二期治療」とは、永久歯が生えそろった後にする治療で、歯並びや、かみ合わせを整えてあげる治療のことを指します。

一般的に、一期治療は20~50万円前後、二期治療は50~60万円前後だそう。歯の状況によって、一期治療のみでOKなケースもあるそうです。大人になってからでは、一期治療は行えないため、二期治療のみとなります。その場合の金額は、80~100万円前後。子どもと大人での金額の差はほとんどないのだとか。

一期治療を行えるのは、永久歯に生えそろう前という短い期間のため、焦って治療を始めてしまうママも多いとか。なかには、治療の必要がないのに、「今やらないと後悔しますよ」「後々、悪影響があるかも」などと、不安を煽る医師もいるようなので、要注意です!


早期矯正が必要ないケースとは?
日本歯科矯正専門医学会より、歯科矯正治療に関する診療ガイドラインが作成されました。

それによると、上の前歯が出ている7~11歳の子どもに対して、永久歯が生えそろうまでは矯正治療を行わないことを強く推奨しているのです。早期の歯科矯正は、現在のところ確実な有効性が確認されていないとのこと。もちろん、「絶対に効果がない」というわけではありません。まずは、十分な検査を行うことが先決です。

愛するお子さんのためとはいえ、焦りは禁物。しっかり検査を行った上で、お子さんにあった適切な治療を受けさせるのが◎。きれいな歯並びの方が良いのかもしれませんが、歯並びだけですべてが決まるわけではありません。医者に言われたからと無理に治療させず、お子さんの意志も尊重してあげましょう。
(文・小野由美子/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/30(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。