ここから本文です

異常気象にやられた桃をビールが救う!横浜オクトーバーフェストで「甘熟桃のエール」

東京ウォーカー 9/30(金) 16:14配信

サンクトガーレン有限会社は、9月30日(金)から10月16日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される横浜オクトーバーフェストで、山梨県の白桃“あかつき”を贅沢に使用したフルーツビール「甘熟桃のエール」(500ml 1100円/420ml800円)を限定販売する。

【写真を見る】山梨県の白桃“あかつき”を贅沢に使用

今夏は気温が高まるのが早く、5月前半からすでに30度超えの日が多数。異常気象によって、十分に大きく育っていない桃が早くに熟れてしまう事態が発生し、市場に出回らない小ぶりの桃が多く生まれた。

今回のビールは、サンクトガーレンが農家の悲鳴をSNS上で見つけ、“はねだし(規格外)桃”を買い取ったことから実現した。

通常、ビールは大麦麦芽を使用するが、「甘熟桃のエール」は大麦より柔らかくトロリとした飲み口を表現できる小麦麦芽を合わせて使用。酵母も通常サンクトガーレンが使用しているアメリカンエール酵母ではなく、果実を思わせる甘くフルーティーな香りを醸すベルジャンエールの酵母を使用するこだわりようだ。

白濁したビールから漂う香りは甘い桃そのもので、大人のピーチネクターのような仕上がりとなっている。白桃を300キログラム使用し、グラス換算で約8000杯限定。是非この機会にフルーツビールで喉を潤そう。

【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/30(金) 16:14

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。