ここから本文です

東京駅のシナモンロール専門店が営業期間を延長!

東京ウォーカー 9/30(金) 20:14配信

シナモンロール専門店「シナボン」が期間限定で出店していた、テイクアウト専門店「シナボン東京駅店」の営業期間延長が決定した。

【写真を見る】期間限定のブルーベリークランブル

同店は、東京駅一番街の「TOKYO Me+(トウキョウミタス)」に出店。9月30日(金)までの営業を予定していたが、好評を受けて2017年3月末までの延長が決まった。

アメリカ・シアトルで誕生し、世界56か国約1100店舗を展開するシナモンロール専門店のシナボン。特製のマカラシナモンをたっぷり包んだ生地を発酵させ、オーブンで焼き上げクリームチーズフロスティングで仕上げた「シナボンクラシック」をはじめ、一度食べたら忘れられない魅惑の味わいで、世界中で愛されている。

「シナボン東京駅店」では、ベーカリーで焼き上げたシナモンロールの粗熱をとり、専用ボックスに詰めた「シナパック」のうち、お土産に最適な人気の4種類に加えて、期間限定商品を用意。10月末日までは「ブルーベリークランブルミニボン6個」(1850円)を販売している。

自宅で温めると「しっとりモチモチ」とした食感を楽しめるシナパックの他にも、シナボン風味の“シナボンオリジナル・グルメ・ポップコーン”やシナボンのロゴグッズ、シナボンに良く合うシアトルズベストコーヒーのドリップコーヒーパックなどもテイクアウトできる。

アクセス抜群なだけに、仕事帰りや学校帰りに立ち寄り、絶品のシナモンロールを味わおう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/30(金) 20:14

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。