ここから本文です

締め付けから解放、でも見た目は本気な「おしゃれブラ」

東京ウォーカー 9/30(金) 22:00配信

昨今のブラジャーは「ラクだけどキレイ」が主流になっていて、「オシャレはガマン」という言葉は過去の存在になりそうな勢いだ。ナチュラル志向がトレンドであることも大きく、今年に入り続々と登場している、おしゃれな「解放系ブラ」に助けられているという女性は多いのでは?

【写真を見る】フェミニンな花柄と、マニッシュなストライプのサテン地。甘すぎないテイストで、大人女子も抵抗なく着けられる



「AMO’S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」からも、締めつけ感の少ない『FreeeMe(R)(フリーミー)』の秋冬新作商品が、全国の「アモスタイル バイ トリンプ」にて順次新発売される。『FreeeMe(R)』の特徴は、脇から背中にかけての動きにフィットして締め付け感を軽減させる「フリー設計」。ふっくら丸味のあるラインはパッドに秘密があり、弾力性のあるファイバーフィル素材の「ポンポンスフレパッド」から生まれるものだ。さらに背部上下のテープを生地でくるんであるので肌あたりはソフトになっている。



新作のデザインテーマは「Burlesque(バーレスク)」。ストライプのサテン地に花柄をプリントし、バーレスクの衣装をイメージさせるセクシーさを備えつつも、上品な印象だ。ノンワイヤーブラにありがちな地味さもなく、デートのときでも堂々とつけられるだろう。



寄せてあげるブラに違和感を感じるようになったら、この秋は下着の締め付けから解放されるという快感を体験してみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/30(金) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。