ここから本文です

斎藤工が運命を感じる、「誕生日が1日違い、身長体重も全部一緒」のあの人とは

週刊女性PRIME 9/30(金) 11:30配信

 年を重ねるごとにオトナの艶っぽさが増す斎藤工。『運命に、似た恋』(NHK総合 金曜夜10時~)ではデザイナー・小沢勇凛(ユーリ)を好演中。

 原田知世演じるシングルマザーの桜井香澄(カスミ)との運命にも似た出会いから恋に落ちていく純愛物語だ。

「実際の恋愛って、電撃が走るとかそういうものではなく、気がつけば忘れられないみたいな、心の奥の核心的な意識がものをいうんだと思います。

 だから、外見だけでジャッジしたり、変に駆け引きをしたりしているのは、恋愛ごっこなんじゃないかなって。35年生きてそう思うようになりました(笑)。

 知世さんとは初共演。往年の角川映画ファンでもあるので、スクリーンの中の知世さんは特別な存在ですし、陽だまりのような方でした。

 あと非常に虫が苦手のようです。知世さんが奇妙な声を上げたときは、“あっ、虫がいるな”ってわかるくらい。終始かわいらしいし、知世さんと虫の関係性が非常に興味深い現場でした(笑)」

北川作品は時代のアイコン

 脚本は『愛していると言ってくれ』や『ロングバケーション』などを手がけた“ラブストーリーの神様”北川悦吏子。NHKではこれが初執筆となる。

「僕は小学校までシュタイナー教育(ルドルフ・シュタイナーがドイツで始めた独自の教育思想)を受けていて、教育上テレビのない家で育ったんです。中学校で公立に移ってからですね、テレビが家にきたのは。同級生がテレビの話を朝するんです。

 特に北川作品を放送していた時期は見た女子の反応がすごくて。この社会でやっていくには、ドラマを見て同じ情報を共有しないと生きていけないと学びました(笑)」

 そこから、北川作品のファンに。

「北川さんの作品って、見ればその時代がわかるという、いわば“時代のアイコン”なんです。男女の恋愛だけではなく、その時代に起きていることを作品に落とし込んでいる。今やる意味や価値みたいなものが集約されている作品がすごく多いなって思います」

1/2ページ

最終更新:10/2(日) 0:15

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ