ここから本文です

口臭、ワキ臭、タバコ臭、女性が嫌いな男のニオイ問題

@DIME 9/30(金) 7:10配信

最近、巷で柔軟剤やら香水やらハンドクリームやらで“香害“を巻き起こす女性が増えています。においに敏感な筆者も最近“香りすぎ“な女性が増えたと感じる瞬間が多々あります。しかし、被害を告白する男性側にも“香害“というより“臭害“を起こす人がいるのが実情です。ワキガなど、体質的な問題は仕方ないにしても、ニオイの問題はやはりエチケット。今回は、女性たちの赤裸々な被害報告と“臭害“男子への痛快なメッセージを紹介したいと思います。

■年齢が上がるほど口臭は増大する?

 女性たちから男性のニオイの被害を集めていくと、汗と並んで多かったのが口臭に対するクレームです。

「会社のおじさまが、どうしようもないぐらい口臭がきついんです。口が臭いというより、おそらく胃かどこかの内臓が悪いのかもしれません。本人もずっと『胃の調子が悪いよ』とボヤいていましたが、そんなに自覚症状があるのなら、さっさと病院に行ってほしい」(27歳・IT関連)

「先日、あるパーティーで知り合った男性。清潔感のあるルックスだったのですが、挨拶してすぐに口がくさいことに気づき、、、寝起きの人の口臭と同じでした。せっかくの見た目を台無しにしてしまうほど、威力がありました。歯の磨き方に問題があるのでしょうか」(31歳・営業)

 自分ではなかなか自覚している人が少ない口臭問題。女性より食生活が乱れがちな男性だからこそ、におっている人が多いのかもしれない。自覚するのは難しいと言われる自分の口臭だが、実はいろんな方法で自覚することは可能だ。一番簡単なのは、ビニール袋に息を吹き入れ、1分ほど待って再度、嗅ぐこと。100%とはいえないが、自分のニオイから一旦離れることで、自覚しやすくなるのだとか。

 他にも唾液を入れたビンを煮出すとくさいことがわかるなど、様々な方法があるようだ。「もしかして自分は?」と不安になる人は、歯医者に行った時に歯科医に少し相談してみたり、自分の口臭がひどいと感じたら、思い切って口臭外来などに行くのも手っ取り早い解決方法かもしれない。

■オフィスでスリッパ!その足大丈夫ですか?

 続いては意外な報告。オフィスでのスリッパやサンダルへの履き替えに関するクレームです。

「向かいの席の男性の足が、どうしてもくさいんですよ。お昼と外出時以外は室内履きに替えているのですが、朝履き替えた瞬間から少し香ばしい香りが……多分靴にニオイがこびりついているのではと思うんですが、自分で磨いた際には気づかないものなのでしょうか」(30歳・システム関連)

 マメに靴磨きを行なう人や、自分で洗濯など家事を行なう人ほど、衣類関連の臭いには気付けていると思います。ちなみに衣類は洗濯しても生乾きのニオイや足のニオイに良いが取りきれないなどの悩みが時々あるようですが、粉末タイプの漂白剤を使うと取れると、先日主婦が教えてくれました。男性陣よ、今すぐ靴下のニオイをチェックするのだ!

■タバコのニオイは万人共通の嫌な香り

 最後はタバコくささに対する話です。これは男女限らない話と思いきや、におってくるシーンが違うようです。

「女性の場合タバコでげんなりするシーンの多くは、接客業の方の手や口がタバコくさい時がダントツで多いです。しかし男性の場合、背広からすでにタバコくささが染みついて香っている人が多いような。彼らはクリーニングには出しているのでしょうか?そ れとももう取れないレベルになっているのでしょうか? 服がタバコくさいだけで、仕事ができなさそうな印象を抱いてしまいます」(30歳・印刷関連)

「先日婚活パーティーでマッチングした男性が、ずっとタバコくさくて……。もちろん胸ポケットにはタバコが入っていました。一応自分をアピールする場所なので、少し考えろと思っちゃいました」(28歳・経理)

 女性の多くは洋服についた臭いには敏感なのに対し、男性はまだまだ無頓着な人が多いのかもしれない。タバコのニオイは、吸った後のニオイと、体に染み付いてしまった臭い、の2つがある。前者はその部位を洗ったり時間をおいたりすれば、簡単に取れるのに対し、染み付いたものはなかなか取ることができない。においひとつで評価に関係するのなら、喫煙者の方は少し振り返っても良さそうです。

 こんな堂々とニオイについて書いている筆者も、もしかしたら汗や体臭のくさい、くさい、くさいにまみれている可能性もあります。ああ、考えただけで怖い。このコラムを書いた後、私自身も改めてビニール袋に息を吹きかけて、口臭チェックをしてしまいました。ほのかに香る……ような……気もする。その足で、高い歯磨き粉とデンタルフロスを購入したことを、最後に報告しておきます。

★今回のルール
男なら ニオイも味方に つけるべし!

文/おおしまりえ

@DIME編集部

最終更新:9/30(金) 7:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き