ここから本文です

長友ベンチ外のインテル、プラハに3失点敗北。屈辱のEL2連敗で勝ち点ゼロ

フットボールチャンネル 9/30(金) 5:48配信

【スパルタ・プラハ 3-1 インテル ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ】

 現地時間29日にヨーロッパリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、インテルはスパルタ・プラハと対戦。ヴャツラフ・カドレツなどにゴールを許し、インテルは1-3の敗戦を喫している。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ここまでリーグ戦でベンチ入りしていた日本代表DF長友佑都は今回のプラハ戦ベンチ外となった。試合開始して7分、インテルのパスをカットしたプラハがカウンターを仕掛け、早いパス回しから最後はカドレツが先制点を決めた。

 さらに25分、ゴール前でセットプレーのチャンスを獲得したプラハはインテルの一瞬の隙を突いて早いリスタートから再びカドレツがゴールを決める。追いかける展開となったインテルは70分に点取り屋のマウロ・イカルディを投入。すると直後の71分にイカルディがパス回しに絡み最後はロドリゴ・パラシオがゴールを決めて1点差とする。

 しかし77分、プラハはセットプレーからマリオ・ホレクがヘディングシュートをゴールに叩き込み再び点差を広げた。結局、インテルの得点は1点にとどまり1-3の敗戦を喫している。初戦のハポエル・ベア・シェバ戦でも黒星をつけていたインテルはこれでEL2連敗の勝ち点ゼロとなってしまった。

【得点者】
7分 1-0 カドレツ(プラハ)
25分 2-0 カドレツ(プラハ)
71分 2-1 パラシオ(インテル)
76分 3-1 ホレク(プラハ)

フットボールチャンネル

最終更新:9/30(金) 6:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。