ここから本文です

U-16日本代表、イラクの戦術と劣悪環境に苦戦 森山監督「また一からスタートしたい」と出直し誓う

Football ZONE web 9/29(木) 23:58配信

イラクのロングボール攻撃に対応できず 日本のパスワークもスムーズさを欠く

 インドで開催されているU-16アジア選手権の準決勝で、U-16日本代表はU-16イラク代表に2-4で敗れた。森山佳郎監督は「この悔しさを胸に刻んで、また一からスタートしたい」と、同じインドで開催される来年のU-17ワールドカップ(W杯)へ向けての出直しを誓った。

 大会当初から「出場権を得るまでの準々決勝と、そこから先は別の大会と捉えている」と話していた。そうした意味では、25日の準々決勝UAE戦を制してU-17W杯への出場権を確保した後、この準決勝からはアジアの頂点を目指し、そのタイトルを勝ち取ったうえで世界への挑戦という方針になっていた。

 しかし、この準決勝でチームはナイーブな姿を見せてしまった。前線のタレントを目がけて割り切ったロングボールを放り込んでくるイラクの戦術に対し、対応しきれなかった。森山監督は「前半リードしていながら非常に悔しい敗戦です。相手のやることは分かっていたが、風と長いボールに苦しめられた。もっとしっかりした守備組織のなかでチャンスを作る形だったが、バタバタ感があった」と悔やんだ。

 そして、もう一つチームが苦しめられたものがある。それは短期決戦で使われ続け荒れてしまったピッチだった。劣悪な芝の状態もあり、日本の得意とするパスワーク、後方からのつなぎはスムーズさを欠いた。森山監督は「グラウンドが悪いなかで、どうやってプレッシャーをはがしていくか」をポイントに試合を進めたが、最終的に敗れており「言い訳にはならない」と突き放した。来年の本大会も同じ開催地であり、順応できなければ本大会でも二の舞を踏む可能性は否めない。

本大会で目指すは過去最高のベスト8越え

 森山監督はサンフレッチェ広島ユースを率いていた頃から、多くの教え子をJリーグに送り込んできた実績を持つ。日本代表MF柏木陽介や元日本代表DF森脇良太(ともに現・浦和レッズ)といった教え子たちは、「熱い気持ちを大切にする監督」と声を揃える。この敗戦もまた、選手たちに強い気持ちを植え付けていく糧になるはずだ。

 バルセロナ下部組織出身のFW久保建英(FC東京U-18)が注目を集めたチームは、1994年に元日本代表MF小野伸二(現札幌)など、2006年に元日本代表FW柿谷曜一朗(現C大阪)などを擁したチームが果たしたアジア制覇は果たせず、2012年大会以来2大会ぶりの決勝進出もならなかった。

 「この悔しさを胸に刻んで、また一からスタートしたい」と出直しを誓った森山監督の下、本大会最高成績ベスト8越えを見据えつつ、躍進に向けて再スタートを切る。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/30(金) 1:31

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。