ここから本文です

貧困で悩む子どもの味方 コミュニティユースワーカー募集

オルタナ 9/30(金) 17:59配信

貧困や虐待の連鎖を予防する取り組みを行うNPO法人PIECES(東京・渋谷)はこのほど、コミュニティユースワーカー(以下CYW)の募集を始めた。CYWとは、虐待や障がい、若年妊婦、高校中退者などの支援者のこと。支援内容は、学習支援から「ただ一緒にいる」というものもある。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同団体が募集するCYWは今回で、2回目。2016年5月から1期生として8人を募集し、150人の子どもたちと接してきた。CYWは、シングルマザーの生活・進路支援、引きこもり・不登校の家庭訪問、高校中退者の高卒認定試験のサポートなどを行った。

今回募集する人数は8人。学生・社会人問わない。研修の講師には、社会活動家の湯浅誠氏、ITでの自殺予防を行うNPO法人OVAの伊藤次郎氏が務める。CYWの募集締め切りは10月21日。詳しくは同団体の公式サイトへ。

最終更新:9/30(金) 17:59

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。