ここから本文です

アンジーとブラピ離婚の本当の理由は? [mi-mollet]

講談社 JOSEISHI.NET 9/30(金) 18:00配信

ブランジェリーナこと、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの離婚騒動のお話です。



1.「愛はなぜ死に絶えたか」
という点について。この離婚原因については、まだインターネットで様々な憶測が飛び交っている段階。2016/09/27時点だけでも、

[1]ブラピが映画で共演したフランス女優のマリオン・コティヤールと浮気したから
[2]ガン予防のために乳腺と卵巣・卵管の摘出手術を受けたアンジーが、ホルモンバランスの変化により夫婦生活を拒むようになった結果のセックスレス
[3]慈善事業に関心の深いアンジーがマザー・テレサ化を目論み、国連の幹部進出(別の報道では第二の故・ダイアナ妃を目指し、英国王室のアンドルー王子との再婚を目論んでいたとの情報も)、俳優業一筋のブラピとは目指す道が異なって来てしまったため
[4]元々子供の教育方針に関して意見が合わなかったふたりが、フランスからL.A.に帰るプライベートジェット機の中で口論になり、酔ったブラピが夫婦喧嘩の仲裁に入ろうとした養子のマドックス君(15歳)に暴言を吐いたため、アンジーの堪忍袋の緒が切れた
[5]アンジーとケンカになるとすぐに別宅へ家出し、長期のロケ先ではマリファナを吸いコールガールを呼んで乱痴気騒ぎを繰り返すブラピに、父親としての責任感が無さ過ぎたから

などなど、これだけの説が報じられています。どれも現段階では憶測の域を出ないものばかりですが、ブラピはフライト中のマドックス君への幼児虐待ギワクで、FBIの調査を受けているとの報道も。

ちなみにFBIは現地時間の9月14日にブラピの幼児虐待に関する匿名の通報を受けており、アンジーが離婚申請書に記入した別居開始日は、その翌日の9月15日とのこと。さらにアンジーは離婚の条件に際し、子供の単独親権を求めています。アメリカの裁判所では、どちらかの親が子供に深刻な危険を与える、もしくは相当な問題があると判断しない限り通常は単独親権は認められないそう。

そんなワケで、この中でいちばん信憑性があるのは[4]で、恐らくは[2]や[5]も複合的に影響しているのでは、というのが私個人の見解です。長年連れ添った(ブランジェリーナの結婚生活は正確には2年ですが、共同生活という意味では約13年)夫婦が別れる理由って、単純にひとつのきっかけからではなく、いろんな要素が絡み合ってのことですもんね。特にブランジェリーナの場合、実子のシャイローちゃん(10歳)と双子のノックス君とヴィヴィアンちゃん(共に8歳)、養子であるマドックス君(15歳)、パックス君(12歳)、ザハラちゃん(11歳)の、計6人の子供たちの親でもあり、恐らく離婚は熟考を重ねての苦渋の決断であったと想像がつきます(というか、お願いだからそうであって欲しい……!)。

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。