ここから本文です

企業も認め始めた「ノマドワーク」、効率アップの理由と最大のリスクは?

NIKKEI STYLE 9/30(金) 11:40配信

 会社や自宅など決まった場所でなく、カフェや公共スペースなど好きな場所で仕事をするノマドワーカーが目立つようになった。自由な雰囲気で仕事ができるメリットの半面、周囲が公共空間であることによる注意点も多い。経験者や専門家に話を聞いた。

 ノマドとはもともと遊牧民の意味。遊牧民のように居場所を変えながら社外で仕事をするビジネスマンを、ノマドワーカーと呼ぶようになった。

 増加の背景には、ITの進歩がある。今や、ノート型パソコンとスマートフォンさえあれば、資料の作成から取引先とのやり取り、社内会議まで、仕事のかなりの部分は、どこにいてもできるようになった。

 無料の公衆無線LANや電源付きのカフェが増えるなど、インフラも整いつつある。成果主義の広がりや、ワークスタイルの多様化、柔軟化も、ノマドワークを後押しした。だが、実際にノマドワークをする時には、様々な注意が必要だ。

■盗み見防止

 最重要なのは、情報セキュリティーの確保。公共空間に身を置く以上、パソコン作業の横から機密情報を盗み見られたり、電話の会話を聞かれたりする可能性がある。端末自体が置き引きにあうリスクもある。

 万一の事態を防ぐにはどうしたらよいか。「『どこでもオフィス』仕事術」の著者で、経営コンサルティング会社、トリムタブジャパン(東京・港)代表の中谷健一さんは、「カフェでは、壁を背にできる場所を確保し、パソコンに盗み見防止のフィルムを貼ること」と、まず指摘する。

 通信セキュリティーに関しては、店の脆弱な公衆無線LANではなく、個人の回線を使う。中谷さんは、「店内のWi―Fiを使う場合は、情報が盗みとられないようVPN(仮想プライベートネットワーク)を利用するのがよい」とアドバイスする。

 トイレなどで一時席を離れる場合は、画面にパスワードロックをかけ、端末を市販の専用セキュリティーワイヤで物理的に席につないでおけば、情報や機器の盗難リスクは減る。一番確実なのは、一緒にパソコンを持っていくこと。ワイヤの使用は店に確認したほうがいいだろう。

 電話も注意。会社名や個人名を平気で口にするのは、情報漏洩につながる。周囲に人がいる場合は、メールやチャットで用事を済ませるか、電話の場合は「頭文字など符丁を使った会話が次善の策」(中谷さん)。

 また、店内での電話は周囲の迷惑になりかねない。中谷さんは、「周囲への注意と配慮を常に欠かさないことが一番大切」とノマドワーカーの心得を説く。

 ノマドワーカーは常にパソコンを持ち歩いているが、移動中や思わぬ場所での紛失に注意が必要だ。クラウドソーシング大手のクラウドワークス(東京・渋谷)は、7月、「リモートワーク制度」を導入し、社員のノマドワークを応援し始めた。どこでどう仕事をするかは社員に任せているが、一つだけ徹底を呼び掛けているのは、酒の席にパソコンを持ち込まないこと。「酔って、パソコンをバッグごとどこかに置き忘れたり、落として壊したりするリスクがあるため」(担当者)だ。

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 11:40

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。