ここから本文です

「体を動かすこと」「ナイトウエア」。オーガニックスペシャリストの大切な2つの養生

OurAge 9/30(金) 18:01配信

「昨年1年間、忙しすぎてまったく運動ができなかったのですが、それがかえって、その重要さに気づくきっかけに。体を動かさないと、本当に老化が進むのを実感します。関節はかたくなり、皮膚はたるみ、骨格は歪み…。

ピラティスは体幹や背骨の位置をイメージし、意識することができます。動きを覚えれば旅先でもできる。エステやマッサージはあくまでも二次的で、自ら体を動かすことが、私たちの世代に必要なのです」とは、オーガニックビューティの第一人者として知られ、あらゆる角度から女性のためのライフスタイルを提案する美容家、オーガニックスペシャリストの吉川千明さん。

忙しい毎日を過ごす中でもイキイキと輝く吉川さんの元気の秘訣は、ピラティスで自分の体と向き合い、体を動かすことにあったようだ。

また、肌に直接あたるナイトウエアへのこだわりについても語ってくれた。
「年をとると肌が乾燥して敏感になってきます。肌感覚が変わり下着がチクチクしてきたので、何年か前に下着もルームウエアもすべてオーガニック・コットンに変えました」

愛用しているのは、「ナナデコール」のオーガニック・コットンウエア。ファッションエディターの神田恵実さんが自身の経験から良質な睡眠をとるためにナイトドレスを趣味で作り始め、それが忙しく働く女性たちの間で話題となり、誕生したブランドだ。

「オーガニック・コットンは、乾燥して毛羽立った肌にすごくほっとするし、血行がよくなるのもわかります。また暖房は乾燥しますが、シルクのソックスは汗が出るほど温かい。5本指ソックスで指の間を開くだけで血行がよくなるって、すごいと思いませんか」

ファッションエディターが立ち上げたブランドだけあって、機能的なだけでなく、おしゃれを楽しみながら養生できるのも「ナナデコール」の大きな魅力。

自分が心地良くなるための、自分にぴったりな養生。あなたは出合えているだろうか?

最終更新:9/30(金) 18:01

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。