ここから本文です

『胸騒ぎのシチリア』予告編、ティルダ・スウィントンが美しい島で叫び狂う

リアルサウンド 9/30(金) 6:01配信

 ティルダ・スウィントン主演映画『胸騒ぎのシチリア』より、予告編が公開された。

 本作は、アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、ジェーン・バーキンらが出演したジャック・ドレー監督の1969年の映画『太陽が知っている』を、『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ監督がリメイクしたもの。セレブたちがシチリアで過ごすヴァカンスの様子を描き出す。『フィクサー』で第80回アカデミー賞助演女優賞を受賞したスウィントンをはじめ、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソン、『グランド・ブダペスト・ホテル』のレイフ・ファインズ、『リリーのすべて』のマティアス・スーナールツらが出演する。

 予告編は、シチリアのバンテッレリーア島で恋人のポールとヴァカンス中のロックスター、マリアンの元を、マリアンの昔の恋人ハリーとその娘ペンが押しかけてくる場面から始まる。その後、マリアン、ポール、ハリー、ペンによるヴァカンスの様子が映し出され、終盤には、喉を手術し声をうまく出せないマリアンが叫ぶ様子とともに、「思いがけない事件が、マリアンの運命を狂わせる」のナレーションで幕を閉じる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/30(金) 6:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。