ここから本文です

マリリン・モンローのあのドレスがオークションに

ハーパーズ バザー・オンライン 9/30(金) 15:23配信

アイコン的ドレスは数々あれど、マリリン・モンローが1962年、当時のジョン・F・ケネディ大統領の誕生日に「ハッピー・バースデー」を歌った時のあのドレスは、まさに特別。
 
このビスポークのドレスは、コロンビア・ピクチャーズのコスチューム・デザイナー、ジーン・ルイスのデザインで(50~60年代当時は、ハリウッドのコスチューム・デザイナーたちが、銀幕のスターたちのドレスをデザインしていた)、紗の生地に、6000個のラインストーンが手縫いされたもの。
 
11月にLAのジュリアンズ・オークションで売りに出されるが、「フォーブス」誌は、落札価格は2~3億ドルにもなるだろうと見ている。このドレスが99年に初めて売られた時の落札価格は約1億5000万ドルで、当時の最高額を記録した。
 
オークションに参加して数億ドルも使う可能性はないだろうけれど、ファッション史に残る、とびきり美しい1着のドレスを覚えておいて損はない。

【写真】マリリン・モンローのドレスほか、物議を醸した47の“事件”なドレス

最終更新:9/30(金) 15:23

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。