ここから本文です

英シャーロット王女の登場に世界中が注目!

25ansオンライン 9/30(金) 23:01配信

29日(木)は、待ちに待ったジョージ王子&シャーロット王女が登場の日でした。初の海外ツアーであり、初のご公務(?)となるのでしょうか、子供たちとのガーデンパーティに参加されたおふたり。場所は、カナダ到着以来拠点とされている、ヴィクトリアの総督邸。パーティに招待されたのは、軍の関係者家族たち。それぞれのお子様たちがケンブリッジ家のプリンス&プリンセスと一緒になって遊ばれました。
ウィリアム王子&キャサリン妃の、カナダでの人気は想像以上でしたが、しかしこの日の注目度は、やはりそれ以上。特に、出産後3度目に登場となったシャーロット王女は完全にこの日の主役。お庭に着くやいなや、ワクワクが止まらないシャーロット王女、人見知りどころか、物怖じせず、どこでも自由に動き回るシャーロット王女にキュンキュン。
真っ先に向かったのは門のように設置された大きなバルーンアート。ぽんぽんと触りながら大よろこび。この時発した言葉が、「POP!」(=(ポン!:日本語で言うと風船が割れる音パン!っといった感じの言葉)だとか。これが、公の場で初のお言葉となったようです。

【写真特集】世界中が注目するシャーロット王女

その後は、白い大きな癒し犬・ムースに乗っかり、ボンボン、上へ下へとお尻を乗せる姿には思わず笑いも。ムースは、じっと穏やかに座っていましたが、きっと、ケンブリッジ家の愛犬ルポにも同じように被害者?なのでしょう(笑)。気づけばバルーンに興味を示されていたシャーロット王女、バルーンアーティストが実際に作るところもご覧に。そんなシャーロット王女の影響なのか、パパに抱かれたジョージ王子もその様子をじっと見られていました。
とてもナチュラルにふたりの子供たちと遊ばれている、ウィリアム王子&キャサリン妃のパパ・ママっぷりにも感動したり、シャーロット王女を愛しく見つめるウィリアム王子の優しい視線にもなんだかほろり。
とにかく可愛くて感動、そしてあったかい気持ちになるケンブリッジ一家での登場でした。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:9/30(金) 23:01

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

なぜ今? 首相主導の働き方改革