ここから本文です

高橋尚子の世界最高記録から15年。なぜ日本マラソンは弱くなったか?

webスポルティーバ 9/30(金) 14:30配信

 9月25日、ドイツにて第43回ベルリンマラソンが行なわれた。男子は、5000mと1万mの世界記録保持者であるケネニサ・ベケレ(エチオピア)が、マラソン世界記録にあと6秒まで迫る歴代2位の2時間03分03秒で初優勝。そして2位には、2013年大会を制したウィルソン・キプサング・キプロティチ(ケニア)が歴代4位タイとなる2時間03分13秒でゴール。好タイムが出やすいベルリンマラソンは、今年もすさまじいレースが繰り広げられた。

【写真】リオデジャネイロ五輪女子マラソンの様子。再び日本がメダルを手にするためには?

 思い返せば、ちょうど15年前の2001年9月30日――。このスピードコースで高橋尚子が2時間19分46秒をマークし、世界最高記録を叩き出した。1965年6月のイギリス・ウインザーマラソンで重松森雄が2時間12分00秒の世界記録を出して以来、実に36年ぶりの「日本人・世界記録保持者」となったのだ。

 15年前の取材ノートを見返してみて、彼女のすごさを改めて再確認した。

 当時の女子の世界最高記録は、テグラ・ロルーペ(ケニア)が1999年のベルリンマラソンで出した2時間20分43秒だった。そのロルーペも2001年の同大会に出場していたため、レースの出だしは速くなると予想され、高橋は最初の5kmを16分25秒で入る予定にしていた。

 ところが、ロルーペの調子が悪く17分24秒とペースが遅かったうえ、向かい風が強く16分46秒もかかってしまった。ここで高橋は、「最初は焦って、どこかで挽回しなければと思ったが、次の10kmでは上がったので、10秒差くらいなら何とかなるかなと思った」とのちに語ったように、10kmまでを16分25秒に上げ、15kmまでも16分22秒で走った。

 このベルリンマラソンで小出義雄監督は、単に世界最高記録を出すことだけを狙っていたわけではなく、もっと上の記録を目指していた。

「本当は5kmを16分25秒のペースで走り切って、2時間18分32秒を出すことを1年前から狙っていました。最初の5kmは向かい風で20秒ほど損をしたが、10kmまでを16分25秒に戻したので、『これなら2時間18分台はいけるかな』と思った。だが、でも、15~20kmまでが16分39秒かかったので、そこからは2時間18分台をあきらめて、2時間20分を切るのを目標にした」(小出監督)

 高橋はその後、25kmまでを16分19秒で走ると、16分31秒(25~30km)、16分26秒(30~35km)、16分42秒(35~40km)とラップを重ねた。そして「最後の2kmくらいはきつく、身体が動かなくなってしまった」と振り返るように、ラスト2.195kmは7分36秒かかったが、2時間19分46秒で世界記録を更新したのだった。

「今回は五輪でも世界選手権でもなく、人と争うというより自分のスピードの限界に挑戦するという気持ちで、世界記録へ向けてスタートしました。もう少し自分のペースで走れたら、いろいろなところであと30秒は縮められたかなと思いますが、ラストの2~3kmが落ちてしまったので、あと1~2分を縮められるようにこれから練習していきたい」

1/3ページ

最終更新:9/30(金) 14:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。