ここから本文です

「あいつは使えない」と部下をけなすのが、「恰好いい上司」?

Wedge 9/30(金) 12:30配信

 今回は、有限会社ザリガニワークスを武笠太郎さんと共同経営する坂本嘉種さんに取材を試みた。2人はユニークな玩具や脱力系グッズを企画・制作し、注目を集めている。大ヒット作となった「コレジャナイロボ」や、シリーズで300万個売れた「土下座ストラップ」などはよく知られている。

 坂本さんは、ザリガニワークスを創業する前は、会社員としてビデオゲームのグラフィックデザインなどに長年関わってきた。その頃、多くの上司に仕えた経験などをもとに、「使えない部下・使えない上司」について語っていただいた。

使えねぇ奴がいるから、俺は弱っちゃうよ

 「あいつは使えない」と部下のことを嘆く上司がいるならば、こんなことを言いたくなります。それはあなた自身の問題じゃない? 「使えない」と言えるほどに相手を理解したのかなと。

 外注先の会社を「使えない」と判断し、契約を切るのと、部下を「使えない」としてレッテルをはるのとは意味合いが違うでしょう。管理職は部下を上手く使って育てるのも仕事なのですから。それを忘れていないでしょうか……。

 その意味ではさぼっているのかもしれないし、自分のことが見えなくなっているのかもしれませんね。部下を否定することで、気持ちがよくなっているようにも思います。他人がバカゆえに理解がないと考えることは、管理職のような仕事のストレスに耐えるのには効果がありますね。辛い反面、気持ちもよいのです。

 そんな自分の姿に気がつくと、3枚目(滑稽な人)になってしまうから、本人はそれに気づく必要がない。だから気づかない。「あいつは使えない」と部下をけなして、気づかずにその人なりの2枚目、つまり、「恰好いい上司」をやっているのかもしれません。「使えねぇ奴がいるから、俺は弱っちゃうよ」なんて。

 私は会社員の頃、ゲームの開発の部署にいました。現場では「あいつは使えない」と部下をけなす上司はいなかったように記憶しています。パワハラとか、いじめもなかったように思います。仕事が多くて、そんな余裕がありませんでした。大きな魚をみんなでつるようなテンションの日々です。チームワークはよかったですよ。

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 12:30

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。