ここから本文です

「オータムジャンボ宝くじ」億のチャンスは“W当選売り場”!

女性自身 9/30(金) 6:04配信

「今年2月、200円くじの『新春運だめし』1等1億円がこの売り場から出て、こりゃジャンボも来るぞと確信しとった。そしたらやっぱりサマー1等7億円が出たんじゃ。’08年6月、200円くじ『幸運の女神』で1等1億円が出たら、続けてサマー2等1億円、年末2等1億円と年に3本も億が。通常くじの億はジャンボの億を呼ぶんじゃな」

 そう話すのは、東京都「浅草橋東口駅前売場」で現役最古参の宝くじ販売員である秀じいこと森秀夫さん(85)。

 宝くじには年間5回発売されるジャンボ宝くじ(1枚300円)とそれ以外の期間に発売される通常くじ(1枚100円または200円。例外として1枚500円もある)がある。1年に4~5回、1枚200円のくじのなかに1等前後賞合わせて1億円を超える高額当せんくじがあるのをご存じだろうか。’16年「新春運だめし」もそのひとつだ。

 果たして秀じいの言葉は真実か?本誌では全国の200円くじ1等億売り場(過去4年分)を独自調査。すると通常くじの億とジャンボの億が前後して出ている売り場を8つ発見した。

 そのなかで、日本一の東京都「西銀座チャンスセンター」からは200円くじ1等億が貫禄の3本。これは販売枚数からうなずけるとして、それに続くのはなんと京都府「地下鉄京都チャンスセンター」。’14年4月「春爛漫」、同年6月「幸運の女神」と2本の億のあと、直後の同年「サマー」1等6億円、そして’15年「年末」1等10億円とジャンボ大当たり連発。’14年当時、「めったに出ない200円くじで億が続いた」ことが常連客の間で評判になり、「次はジャンボ」と買い続ける人が多くいたとか。’15年年末10億円を当てたのもそんな常連客の1人という。

「’15年『年末』10億円を当てたのは、地元の30代の女性でした。100枚以上買った中にありました。窓口の販売員のほうがびっくりして慌てているのを見て、『ごめんなさいね、騒がせちゃって』といたって冷静。『ずっとこちらで買っていてよかったわ』と言いながら帰っていかれました」(芝崎成孝店長)

 その他のダブル当せん売り場は次の通り。

■宮城県「広瀬本町チャンスセンター」
■宮城県「あすと長町チャンスセンター」
■千葉県「船橋東武チャンスセンター」
■東京都「宝くじ御徒町駅前センター」
■東京都「亀戸駅前北口売場」

 風水建築士の山下剛さんは次のように語る。

「全国的な金運は、日本中にいる『八百万の神』全体が目配りしているといわれます。それに対して地域の金運はそこを司る『氏神』のパワーによるとされる。宝くじでも、全国区で売り場にとって一見客が多いジャンボと常連客中心の200円くじでは、司る神様が違うんです。その両方が出ているということは、全国区の神様と地域の氏神の双方が認めた強運売り場。これは注目せざるをえませんね」

 秀じいいわく「200円くじ1等億はジャンボ億の呼び水」。ぜひ今回のオータムジャンボ購入の参考に。

最終更新:9/30(金) 6:04

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。