ここから本文です

チャットモンチー、トリプルタイアップシングル『majority blues/消えない星』リリース決定

リアルサウンド 9/30(金) 10:50配信

 チャットモンチーが、11月30日に新シングル『majority blues/消えない星』をリリースすることが決定した。

 同作は、チャットモンチーにとって1年8カ月ぶりのシングルとなリ、橋本・福岡の2ピース体制を基本にレコーディングしたトリプルタイアップシングル。「majority blues」は、医療・福祉の専門学校 首都医校・大阪医専・名古屋医専TVCMソング、 「消えない星」は、12月3日公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』の主題歌として、それぞれ書き下ろされた楽曲だ。 また、カップリング曲「とまらん」も、今年4月に開催の『とくしまマラソン2016』の公式テーマソングとなっている。徳島の訛り、阿波弁(徳島弁)を歌詞に盛り込み、徳島のスタジオで徳島のエンジニアやドラマーとレコーディングしたとのこと。さらに初回生産限定盤には、ボーナストラックとして2015年11月11日に行われた日本武道館公演での「消えない星」の初演音源(赤ちゃんver.)を収録する。

 なお、「majority blues」、「とまらん」は、各配信サイトにて先行配信を開始している。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/30(金) 10:50

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。