ここから本文です

今季出場時間が「19分」のミラン本田 ハリルJ合流直前のサッスオーロ戦も先発落ちか

Football ZONE web 9/30(金) 12:21配信

伊紙が7試合連続のベンチスタートと予想

 今週末は日本代表メンバーにとって、10月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選2連戦に合流する前のラストゲームが組まれているが、ACミランの日本代表MF本田圭佑は開幕から7戦連続のベンチスタートが濃厚になっている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 現地時間2日の18時にサッスオーロとの一戦を迎えるミランは、前節からの変更点は右サイドバックのDFダビデ・カラブリアに代わってDFイニャツィオ・アバーテがスタメンに入る可能性があるのみと報じられた。本田は定位置と化したベンチから戦況を見守り、チャンスを待つことが濃厚だ。

 現在勝ち点9のサッスオーロは今季UEFAヨーロッパリーグに参戦しているため、中2日の厳しい日程で臨むことになる。ミランは内容的には厳しい試合を続けているものの、勝ち点10を積み重ねて上位に踏みとどまっているだけに来季の欧州カップ戦の出場権を争う可能性のある直接対決は重要な一戦になる。

 本田はこれまで4試合を消化した9月のゲームで2試合に出場している。しかし、その内実はいずれも途中から投入されたもので、出場時間は合計19分間という厳しい現状がある。

合流前に少しでも実戦機会を得たいが…

 29日に日本代表メンバーを発表したバヒド・ハリルホジッチ監督は「普通の基準なら呼べない」と語ったが、本田の名はメンバーに記された。しかし「出られない状況が3カ月、4カ月と続けば、もっと難しい状況になる」とも話している。

 イタリアメディアから「パンキナーロ(ベンチ要員)」という有り難くないニックネームを付けられてしまった本田だが、合流前に少しでも実戦機会を得られるかどうか、そして結果を残すことができるかどうかは重要だが、背番号10はピッチに立つことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/30(金) 12:21

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。