ここから本文です

CLドルトムント戦でファン暴徒化のワルシャワにUEFAが厳罰  王者レアル戦の無観客試合が決定

Football ZONE web 9/30(金) 17:56配信

900万円の罰金処分と併せて発表

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、今季21年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)に参戦中のレギア・ワルシャワに対し、サポーターによる問題行為によって、次にホームで開催される第4節レアル・マドリード戦を無観客試合とする処分を発表した。スペイン紙「AS」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ワルシャワはCLのグループステージで前年王者のレアル、日本代表MF香川真司の所属するドルトムント、ポルトガルのスポルティングCPと同居する過酷なF組を戦っている。ここまで2試合はドルトムントに0-6、スポルティングに0-2と連敗を喫し、最下位に沈んでいる。

 問題行為が確認されたのは、9月14日に行われたCL第1節の本拠地ドルトムント戦。大量失点で敗れたゲームで、ワルシャワのウルトラスがドルトムントサポーターのエリアに催涙スプレーを噴射して侵入。さらに人種差別的行為などが確認されている。UEFAは11月2日に予定されているワルシャワ対レアル戦を無観客試合とするほか、ワルシャワに8万ユーロ(約900万円)の罰金処分も下している。

 過激なウルトラスを擁することで知られるワルシャワだが、この処分に対して異議申し立てを行う構えだという。ポーランドを代表する名門は21年ぶりという念願の舞台に立っているが、結果も伴っておらず、ネガティブな印象ばかりを残している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/30(金) 17:56

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。