ここから本文です

AI、ベスト・コラボ盤『THE FEAT.BEST』リリース決定 宇多田ヒカルとのコラボ曲を初収録

リアルサウンド 9/30(金) 17:20配信

 AIが、11月2日に『THE FEAT.BEST』をリリースすることを発表した。

 同作は、AI名義の作品の中から厳選したコラボレーション楽曲に加え、アーティストの作品にAIが参加した楽曲も含めた全31曲、コラボ・アーティスト総勢35組の楽曲を収録。全曲トム・コインによる最新リマスタリングを行っている。

 海外からは、The Jacksons、Snoop Dogg、Chaka Khan、Boyz II Menほか豪華アーティストが参加。そして、日本からは青山テルマ、安室奈美恵、EXILE ATSUSHI、加藤ミリヤ、ZEEBRA、VERBALほかとのコラボ楽曲に加え、『宇多田ヒカルのうた』でAIがカバーした「FINAL DISTANCE」は、2001年当時の宇多田ヒカルのオリジナル・ボーカルトラックと2014年のAIのボーカルによる、13年の時を隔てたデュエットが実現。同作に初収録音源として収められる。
 
 また、ジャケットのアートワークは、グラフィティアーティストのTOMI-E氏が担当。イメージを和紙に噴き付けることで独自なスタイルを確立するTOMI-E氏の画風を見たAI自身がジャケットイラストを依頼し、新旧洋邦のコラボレーション楽曲を収録した同作にふさわしい、和洋折衷なビジュアルが仕上がった。
 
 さらに11月2日にはこの『THE FEAT.BEST』と同発で、3年9カ月ぶりのシングル『ハッピークリスマス/HEIWA/ミラクル』のリリースも決定している。

 なお、AIは現在、全国51公演13万人を動員の『THE BEST TOUR』後半戦を敢行中。東京公演は、11月1日日本武道館が決定しており、ツアーファイナルは12月3日、4日の鹿児島アリーナ2DAYSの開催が決定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/30(金) 17:20

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。