ここから本文です

広瀬アリス×成田凌共演『Lーエルー』撮影コメント到着 下山監督「成田凌しか出来ない見事なキャラクター」

リアルサウンド 9/30(金) 20:08配信

 11月25日により公開される『Lーエルー』より、出演の広瀬アリスと成田凌、下山天監督から撮影時のコメントが寄せられた。

 本作は「CDショップ大賞2016」の入選作品に選出されたAcid Black Cherryのコンセプトアルバム『L-エル-』を映画化したもの。愛を探し求め続けた一人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を描く。主人公エルを広瀬が務めるほか、成田凌、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、古畑星夏、前川泰之、田中要次、高橋ひとみらが名を連ねる。『キカイダー REBOOT』の下山天監督がメガホンをとった。

 昨年9月29日、都内にて、主人公エルを演じる広瀬アリスと、パン屋役・成田凌による共演シーンの撮影が行われた。この日撮影されたのは、エルがパン屋と心を通わせ、お互いの想いを伝え合う重要なシーン。同日の撮影について、広瀬アリス、成田凌が、互いの印象、下山監督の演出について明かした。また、下山監督は成田の役作りについて、コメントを寄せている。

■広瀬アリス コメント
成田さんとは年齢が近く、空き時間もお話をしながら楽しく共演させてもらいました! 粘り強い監督が好きですが、下山監督は細かいところまで妥協をせず、ちゃんと観ていないとわからないようなことも作り込まれるので、とても演じやすかったです。

■成田凌 コメント
共演した広瀬さんが座長として現場を引っ張っている姿に、とても学ばせてもらいました。監督は柔らかい人柄ですが、的確に演出して頂きました。今回演じたパン屋の主人は、台詞は多くないのですが色々な感情を出すキャラクターなので、監督ときちんとコミュニケーションを取りながら芝居に挑むことが出来て良かったです!

■下山天監督 コメント
今回パン屋の主人役をお願いするにあたって、役作りでパン作りの修業をしていただきました。撮影までの期間、家にもパン生地を持参して練習するその真摯な取り組みに脱帽。その成果もあり撮影では吹き替え無しのでのパン作りに挑戦、とてもリアリティのある撮影が出来ました。そしてまた彼もエルの人生を最後に左右する役。成田凌しか出来ない見事なキャラクターを演じております。お楽しみに。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/30(金) 20:08

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。