ここから本文です

全北現代、職員の贈賄により勝ち点剥奪処分。謝罪文公表もKリーグ優勝は変わらず

フットボールチャンネル 9/30(金) 19:41配信

 韓国・Kリーグは、全北現代モータースのクラブ職員が贈賄に関与して有罪判決を受けたことを受けて勝ち点9の剥奪と罰金1億ウォン(約910万円)の罰金を科したことを発表した。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 地元紙『ヨンハプ・ニュース』によれば、2013年に全北現代のスカウトが審判に賄賂を渡し、八百長を持ちかけたことが今回の処分に至った経緯だという。釜山地方裁判所はこのスカウトに対して6ヶ月の禁錮刑を言い渡している。

 全北現代はクラブの公式サイトで「今回の決定を謙虚に受け入れ、再発防止のため最善の努力を尽くします」「ファンの皆様には心からお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載している。

 また、審判が八百長に関与したことで、Kリーグ側も「クラブと審判の誤った行動により、サッカーを愛するファンの皆様に多大な失望感を与えてしまいました。連盟の職員一同も責任を痛感し、いかなる叱責も謙虚に受け止めます」と謝罪文を出している。

 全北現代は今季のリーグ戦で最終節を残して2位・FCソウルに勝ち点14を付けて優勝を決めている。しかし、勝ち点9を剥奪されても残り1試合で勝ち点5差となるため、最終節の結果にかかわらず優勝は変わらない。

 なお、ACLでは準決勝まで進出しており、1stレグではFCソウルとの同国対決を4-1で先勝して決勝進出に王手をかけている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/30(金) 20:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。