ここから本文です

英代表監督スキャンダルで思わぬ損害…Tシャツ4000枚が“お蔵入り“に

フットボールチャンネル 9/30(金) 21:17配信

 スキャンダルにより退任を強いられたイングランド代表前監督のサム・アラダイス氏は、イングランドサッカー協会(FA)に副次的な損害ももたらした。同協会が、4000枚のTシャツを”お蔵入り”させることになったと29日付の英紙『デイリー・メール』が伝えている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 今年の夏からイングランド代表監督を務めていたアラダイス氏は、英紙『テレグラフ』の潜入取材により、サッカー界では禁じられている第三者による選手保有の指南役を務める契約を結ぼうとするなどの不正が明るみに出た。これにより、事実上の解任である契約解除を強いられることになった。

 アラダイス氏の在任期間はイングランド史上最短の67日間で終了し、わずか1試合のみ指揮を執った監督となった。スキャンダルがなければ、アラダイス氏は10月8日にロンドンのウェンブリー・スタジアムでの開催が予定されるロシアワールドカップ欧州予選のマルタ戦で就任2試合目を迎えるはずだった。

 今予選の最初のホームゲームとなるこの試合に向けて、FAは来場するサポーターに4000枚のTシャツを配布し、士気を高めようとしていたようだ。だがこの案は実現不可能となり、大量のTシャツは破棄されることになりそうだ。Tシャツには、アラダイス氏による発言がスローガンとしてプリントされていたためだ。

 プリントされていたのは、「この旅は我々全員が団結することから始まる」という言葉だったとのことだ。他ならぬアラダイス氏が、その団結を台無しにする結果となってしまった。『デイリー・メール』によれば、FAはTシャツの破棄により2万5000ポンド(約328万円)の損害を被るという。

 監督不在となったイングランド代表では、これまでU-21代表を率いていたギャレス・サウスゲート氏が暫定監督を務める。8日のマルタ戦に続き、11日にはアウェイでのスロベニア戦が予定されている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/30(金) 21:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。