ここから本文です

宮下奈都、本屋大賞受賞後初の刊行本はライブドキュメント・フォトブック!

ダ・ヴィンチニュース 9/30(金) 17:30配信

 確固たる演奏力による圧倒的なライブ・パフォーマンスと高い音楽性により、リスナーのみならずプレイヤーからも熱い支持を集める「Nothing’s Carved In Stone」の初となるライブドキュメント・フォトブック『僕らにとって自由とはなんだ Nothing’s Carved In Stone』が2016年9月28日(水)に発売された。

 同書は、2016年5月15日(日)に敢行されたNothing’s Carved In Stone初の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブの模様を、メンバーと親交があり音楽好きとしても知られる作家・宮下奈都による繊細で美しい文章で綴る、バンド初のドキュメント・フォトブックだ。

 また、デビュー時から彼らを撮影し続けてきたフォトグラファー・堀田芳香の描き出す臨場感溢れる写真も掲載。日比谷野外大音楽堂公演を中心に、メンバー(村松拓、生形真一、日向秀和、大喜多崇規)へのパーソナル・インタビューや、新規の撮り下ろしフォトに加えて過去写真も収録している。

 これまであまり見ることができなかったメンバーの素顔に多角的に迫る1冊であり、宮下奈都にとっては『羊と鋼の森』で第13回本屋大賞受賞後、初の刊行本となる同書。同書出版に際しコメントが届いているので紹介しよう。

僕らにとって自由とはなんだ。―「村雨の中で」で自ら突きつけた問いに、村松拓は対峙する。「その答えは、もう出た」。そう聞いたとき、震えた。追わずにはいられない、NCIS。書かずにはいられない、その現在を、過去を、そして未来を。
宮下奈都

最終更新:9/30(金) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。