ここから本文です

【J1展望】甲府×横浜|残留へ負けられない甲府は、「堅守」で勝点の上積みを果たせるか

SOCCER DIGEST Web 9/30(金) 17:30配信

甲府――柏戦で見せた「堅守」を発揮できるか。

J1リーグ2ndステージ・14節
ヴァンフォーレ甲府-横浜F・マリノス
10月1日(土)/16:30/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ成績(13節終了時):13位 勝点13 3勝4分6敗 12得点・20失点
年間成績:14位(30試合終了時) 勝点28 6勝10分14敗 30得点・51失点
 
【最新チーム事情】
●前節の柏戦で左膝を傷めた橋爪は、9月29日から全体練習に合流。「痛みはあるが、出場できると思う」と、本人は前向きに回答。
●稲垣が右足首を傷め、29日の練習を途中で切り上げる。
●齋藤、マルティネスのドリブル突破に警戒。
●佐久間GM兼監督は横浜について「規律あるヨーロッパの、スタンダードなサッカーをやっている。ただ、中村俊の不在で、得点のバリエーションは少なくなっている」と分析。
 
【担当記者の視点】
 前節の柏戦を落とし、降格圏との勝点差は2ポイントに縮まった。攻撃に迫力を欠いたものの自慢の「堅守」が機能していただけに、セットプレー時のクリアミスから失点しまったのはなにより悔やまれた。
 
ホームに横浜を迎える今節も、「堅守」の出来が問われるのは言うまでもない。ただ、怪我人が続出しているのは気掛かりで、練習中に右足首を傷めた稲垣の状態次第では、主にシャドーを務める田中を右ウイングバックに回さざるを得ないだろう。
 
 台所事情が苦しい状況は続くが、ノルマの残留を果たすためにも、最低でも勝点1を確保したい。

横浜――注目は“トップ下・前田”。

横浜F・マリノス

J1リーグ2ndステージ・14節
ヴァンフォーレ甲府-横浜F・マリノス
10月1日(土)/16:30/山梨中銀スタジアム
 
2ndステージ成績(13節終了時):6位 勝点23 6勝5分2敗 23得点・14失点
年間成績(30試合終了時):9位 勝点45 12勝9分9敗 44得点・33失点
 
【最新チーム事情】
●天皇杯3回戦・東京V戦で左膝を痛めた中村が再離脱。
●目を負傷した兵藤は甲府戦を欠場へ。
●ルヴァンカップ準決勝・G大阪戦を来週に控えるため、選手起用はローテーション制を採用。
●負傷から復帰した喜田のベンチ入りが濃厚。
 
【担当記者の視点】
 前田のトップ下、天野のボランチ、遠藤の右SBと、ルヴァンカップを見据えたメンバー構成がどう影響するか。
 
 楽しみなのが、ここ最近は出場機会が増えている前田。テクニカルな左足を駆使して、前線をいかに操るか注目だ。
 
 首位とは勝点8差も離れているが、ステージ優勝の可能性が消えたわけではない。メンバーを落としているとはいえ、最後まで勝点3にこだわり、勝利を掴みたい。

最終更新:9/30(金) 17:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。