ここから本文です

【日本代表】なぜ柴崎ではなく、永木が選ばれたのか――遅咲きのボランチの成功体験とは?

SOCCER DIGEST Web 9/30(金) 17:00配信

負けられない福岡戦がターニングポイントに。

 もし、柴崎岳の怪我がなかったら?
 もし、遠藤康が長期離脱をしていなかったら?
 
 永木亮太の“運命”は変わっていたかもしれない。しかし、訪れたチャンスに、28歳のボランチは見事に応えてみせた。それは紛れもない事実だ。
 
 第2ステージ8節の福岡戦を迎える前、鹿島は厳しい状況にあった。それまでリーグ戦では3連敗。福岡戦の4日前のスルガ銀行チャンピオンシップでは0-1の敗戦を喫し、“公式戦4連敗”と泥沼にハマっていた。
 
 しかも、7節の仙台戦では遠藤、スルガ銀行チャンピオンシップでは柴崎が負傷。中盤のキーマンふたりを欠く状況で、福岡戦に挑まなければならなかった。
 
 残留争いに苦しむ相手に、第1ステージ覇者が負けるわけにはいかない。この重要な一戦で、柴崎の代役としてボランチで先発したのが永木だった。
 
 今季、湘南から鹿島に新天地を求めた永木は、第1ステージでは主に途中出場からクローザー役として奮闘。第2ステージに入り、スタメンで起用される頻度は高まるも、レギュラーに定着したわけではなかった。
 
 ただ、この福岡戦が、永木にとってひとつのターニングポイントになったのは間違いない。チームは赤﨑秀平と鈴木優磨のゴールで2-1と久々の勝利を収める。フル出場した永木のパフォーマンスについては、「6.5」と採点された弊社Webサイトでの寸評を引用したい。
 
「小笠原との役割分担も問題なし。中盤を自由に動いてボールをさばき、試合の主導権を握る活躍を見せた」
 
 続く湘南戦でも先発に名を連ねた永木は、古巣相手に及第点の働きを見せ、1-0の勝利に貢献。少なくない怪我人を抱えながらも、連勝を飾り、負のスパイラルから抜け出したチームにおいて、永木の存在感は抜群だった。
 
 柴崎のスタメン復帰以降は、2-2で引き分けた10節・横浜戦では途中出場し、小笠原に代わって先発した11節・柏戦は0-2で完敗と、永木本人からすると難しい状況が続く。
 
 掴みかけた良い流れを再び、取り戻すきっかけとなったのが、12節・磐田戦だ。この試合、鹿島の石井正忠監督は、4-4-2のシステムにマイナーチェンジを施す。怪我で長期離脱中の遠藤の定位置である右MFに、柴崎をコンバート。当然、空いたボランチには永木が入り、攻守にフル稼働して、3-0の完勝へと導いてみせた。

【日本代表PHOTO】イラク戦、豪州戦に向けたメンバー26人

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。