ここから本文です

【J1展望】磐田×新潟|「残留争いに両足突っ込んだ」磐田が監督交代に揺れる新潟を迎え撃つ

SOCCER DIGEST Web 9/30(金) 17:30配信

磐田――残留争いのライバルとの直接対決。自分たちの戦いを貫くだけだ。

J1リーグ・2ndステージ14節
ジュビロ磐田 – アルビレックス新潟
10月1日(土)/15:00/ヤマハスタジアム
 
ジュビロ磐田
2ndステージ成績(13節終了時):15位 勝点9 1勝6分6敗 13得点・23失点
年間成績(30試合終了時):13位 勝点32 7勝11分12敗 34得点・46失点
 
【最新チーム事情】
●前節の湘南戦はドロー決着も、4試合ぶりの無失点を記録した。
●その湘南戦で、3バックから4バックに切り替えた。今節も4バックを採用する見込み。
●藤田が出場停止でCBには櫻内が入り、右SBは山本が先発予定。
 
【担当記者の視点】
「これで残留争いに片足ではなく両足を突っ込んだ」。前節、ホームで湘南に引き分けたあと、名波監督は危機感を露わにした。新潟は残留争いのライバルで、今季ヤマハスタジアムでのラストゲームだけに。絶対に負けられない一戦だ。
 
トップ下で先発予定の松井は、「どんな状況でもブレずに強い気持ちで戦いたい」とコメント。最終ラインを支える森下も「苦しいけど、下を向かずに球際で闘うことが大事。去年の(昇格を決めた)大分戦も最後まで誰も諦めなかった」と話す。
 
右SBには昨季まで2年間新潟でプレーした山本が先発予定だ。右サイドハーフの太田は「守備的にならずに、ふたりの運動量で圧倒して攻めたいし、康裕のキック力も生かしたい」と、ゴールと勝利への意識を高めている。

J1リーグ 順位表

新潟――監督交代で流れを変えられるか。

J1リーグ・2ndステージ14節
ジュビロ磐田 – アルビレックス新潟
10月1日(土)/15:00/ヤマハスタジアム
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(13節終了時):14位 勝点9 3勝0分10敗 10得点・17失点
年間成績(30試合終了時):15位 勝点27 7勝6分17敗 29得点・42失点
 
【最新チーム事情】
●前節の鹿島戦は3-4-2-1が機能せず0-2の完敗。
●鹿島戦で舞行龍が復帰も、前野が負傷。
●吉田監督が事実上の解任となり、片渕コーチが監督に昇格。
 
【担当記者の視点】
 前節の鹿島戦では左膝を負傷していた舞行龍が復帰したが、前半途中に前野が負傷交代。最終ラインが硬直して3-4-2-1が機能不全に陥り、わずかシュート3本、枠内シュート0本に終わって0-2で完敗した。
 
 年間16位の名古屋に勝点1差と迫られる緊急事態に、クラブは2012年以来となる監督交代を決断。吉田達磨監督を解任し、片渕コーチを監督に昇格させて、状況打開を図る。
 
 就任会見で片渕新監督は、チームが取り戻すべきものとして、「新潟らしいアグレッシブさ」と「自信」の2点を挙げた。メンバー編成、システムなどは流動的だが、コーチ陣の変更もあった新スタッフと、チームでも経験のあるベテランを中心に、どこまで戦い方を明確にできるかが、残留への大きなカギを握る。

最終更新:9/30(金) 17:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ