ここから本文です

【J1展望】鹿島×大宮|真っ向勝負を仕掛けてくる大宮。鹿島は自慢の攻撃力で“4連勝”を狙う

SOCCER DIGEST Web 9/30(金) 17:00配信

鹿島――ポゼッションで相手をいなせ。

J1リーグ・2ndステージ14節
鹿島アントラーズ-大宮アルディージャ
10月1日(土)/14:00/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(13節終了時):9位 勝点20 6勝2分5敗 22得点・17失点
年間成績(30試合終了時):3位 勝点59 18勝5分7敗 51得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●永木が日本代表に初選出。「ワールドカップの最終予選という大事な戦いに挑む日本代表に選出されて、とても光栄です。ただ、選ばれただけで満足するつもりはありませんし、そこで終わりたくはない。自分の持ち味を目一杯発揮して、日本の勝利のために貢献できればいいと思っています」とコメントした。
●腰痛でリハビリ中の昌子は今節も欠場する。実戦復帰には時間を要する見込みで、中断期間明けの復帰を目指している。代役を務めるのは植田。勝利を収め、日本代表での活動に弾みをつけたい。
 
【担当記者の視点】
 天皇杯を含め、公式戦で3連勝中と調子は良い。年間順位をひとつでも上げるためにも、ひとつでも多くの勝利を掴みたいところだ。
 
 柴崎の2列目起用が奏功しており、攻撃力が安定してきている。前節・新潟戦ではエース金崎に久々のゴールが生まれたのは好材料で、“ジョーカー”鈴木の働きぶりも際立っている。
 
 ピッチの至るところで激しいボールの奪い合いが予想されるが、ポゼッションを高めながら、相手を上手くいなせれば、勝機は高まるはず。昌子不在の守備陣は、永木とともにA代表に選出された植田の奮起に期待したい。
 

フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

大宮――第1ステージからの進化を証明したい。

J1リーグ・2ndステージ14節
鹿島アントラーズ-大宮アルディージャ
10月1日(土)/14:00/県立カシマサッカースタジアム
 
大宮アルディージャ
2ndステージ(13節終了時):8位 勝点21 5勝6分2敗 16得点・13失点
年間成績(30試合終了時):7位 勝点47 12勝11分7敗 33得点・31失点
 
【最新チーム事情】
●ボランチは横谷が出場停止明けとなり、大山とのコンビが濃厚。
●河本はコンディション不良のため、山越が引き続き先発へ。
●来季加入内定の河面旺成(明治大学)が練習参加。
 
【担当記者の視点】
 第1ステージの前回対戦は、大宮にとって非常に厳しい内容だった。鹿島のプレッシングをかわし切れずに押し込まれ、ボールを保持しても効果的に前進できずゴールを脅かせない。局面でのファイトが際立ったことで結果的に0-0というスコアで耐え切ったものの、放ったシュートはわずか2本のみ。
 
 とりわけ後半はシュート0本に抑え込まれ、最終的に第1ステージを制することになるチームの強さを痛感する試合だった。
 
 その鹿島との再戦にあたり、大宮が目指すのは勝利だけではない。ほとんど何もさせてもらえなかった第1ステージとは違い、自分たちからゲームを動かす力を身に付けたことを内容によって証明できるか否かがテーマとなる。
 
 第2ステージの戦いぶりを考えれば、決して無理な注文ではないだけに、勇気を持ったプレーで鹿島に真っ向から対抗したい。
 

最終更新:9/30(金) 17:54

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ