ここから本文です

出番なしの続く長友がさらに窮地へ? インテルがバルサからA・ビダル獲得を狙う

SOCCER DIGEST Web 9/30(金) 16:00配信

バルサで出番を失うもメルカートでは興味が尽きない。

 アレイシ・ビダルはバルセロナで「家庭内離婚」を続けている。今シーズンのリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズ・リーグで出番が巡ってきたのはわずか1試合。あとは5試合が招集外、2試合がベンチという有様だ。
 
 2015年夏にセビージャから移籍金1700万ユーロ(約20億4000万円)で加入。しかし、バルサの補強禁止処分が解けた16年1月から出場可能になった1年目に続き、2年目も暗いトンネルから抜け出せずにいる。
 
 今夏にユベントスへ旅立ったダニエウ・アウベスの後釜として、右SBでルイス・エンリケ監督の信頼を掴んだのは、本来MFのセルジ・ロベルトだったのだ。
 
 しかし、バルサでベンチと観客席を往復していても、メルカートはA・ビダルに対する興味を失っていない。とりわけ、夏にも獲得に動いたインテルは、冬に改めて動き出す可能性が大きい。
 
 今シーズンのネラッズーロは、ダニーロ・ダンブロージオ、ダビデ・サントン、クリスティアン・アンサルディ、セナ・ミアング、長友佑都(公式戦4試合連続で出番なし)の5人で両SBを回しているが、誰一人としてフランク・デブール監督の絶対的な信頼を掴めずにいる。
 
 右サイドならSBからウイングまでこなせるA・ビダルは即戦力になりうるだろう。ピエル・アウジリオSDは虎視眈々と獲得のチャンスを狙っている。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。

フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

最終更新:9/30(金) 16:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。