ここから本文です

辛口独メディアも魅了した大迫勇也がケルンで充実の日々「代表のことはまったく考えていない」

SOCCER DIGEST Web 9/30(金) 19:00配信

ドイツに渡って数シーズン、確かに大迫は苦しんでいた。

「15日前に所属クラブに連絡しなければならない。大迫がゴールを決めたのはそのあとだった」
 
 9月29日、10月のワールドカップ・アジア最終予選メンバーを発表したハリルホジッチ監督は、現在ブンデスリーガで2戦連続ゴールと活躍するケルンの大迫勇也の名がリストにないことをそう説明した。
 
 同時に「1、2点獲ったからといって、すぐに代表に呼ぶわけにはいかない。ただし大迫にもチャンスはある」とも語っている。「ここ3試合でスタメンを勝ち取り」とも話したが、実際には開幕戦はベンチスタートだったものの第2節から先発起用されて、4試合連続スタメンである。「追いかけている」というが微妙に間違っていた。
 
「数か月スタメンで出られず、ケルンのグループにも入っていなかった。出場した時も中盤あたりのポジションだった」というのは確かにその通りで、2014年夏にケルンへ移籍してからは、苦しい時期が続いていた。

【PHOTO】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

 今年2月20日に観たボルシアMG戦では、先発に名を連ねたが、アウトサイドで起用され、大迫の持ち味を見せることができずに途中交代している。サイドで活きる選手ではないだけに、下がりながら守備に追われる大迫を見て、「もったいないな」と強く思った。
 
 2014年1月ブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンに加入した大迫は、15試合に出場し6得点をマークしているが、この時も順調とは言い難い環境だった。1トップに立ちながらも、なかなかパスが出てこない。鹿島アントラーズで見せていた細やかな動き直しも影を潜めていた。
 
「動き直したり、動きすぎるとパスを出す選手が見つけられないから、あまり動くなと言われている。だけど、諦めずに練習から、チームメイトにアピールし続けたい」
 
 当時の大迫が語った言葉が忘れられない。その後、トップ下のポジションでパスを供給する側に回ったことで、チームに新しい落ち着きをもたらし、ゲームメイクも出来、得点も奪える選手として1部ケルンへ移籍を果たしたのだ。
 
 しかし、なかなか結果を残せず、2015年6月以降、大迫は日本代表にも招集されなくなった。

1/3ページ

最終更新:9/30(金) 23:28

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。