ここから本文です

切手33万種、郵便ポスト16基の「郵便の殿堂」 - 日本再発見

ニューズウィーク日本版 9/30(金) 12:16配信

<身近すぎて普段は意識に上らないかもしれない「郵便」だが、その歴史には驚きが詰まっている。東京スカイツリータウンのソラマチにある「郵政博物館」は、貴重な歴史資料と(なんといっても!)約33万種もの切手コレクションを誇る専門博物館。万人を飽きさせない構成になっており、スカイツリー観光のついでに立ち寄って損はない> (写真:世界各国で発行された約33万種の切手を閲覧できる「『切手』ノ世界」コーナー。パネルを引き出すまで展示物が見えないので、宝箱を開けるような感覚を味わえる)

【シリーズ】日本再発見「東京のワンテーマ・ミュージアム」

 郵便サービスは、どの街角でも見かける身近な存在である。郵便局、郵便ポスト、郵便物を配達する郵便局員......。どれだけ辺鄙な村や島々であっても、郵便マークを見かけるものだ。ただし、現代社会においては、普段は意識にすら上らない空気のような存在かもしれない。

 改めて考えると、郵便とは凄いシステムだ。小包(ゆうパック)以外であれば、全国一律の料金で運んでくれる。小包は「運送」だが、ハガキや手紙は「通信」。しかも電話やインターネットと違って、相手方に通信装置やインフラが整備されていなくても、責任を持って手元へ届けてくれる。誰にでもオープンな一律の格安料金が設定され、どれだけ遠くにいる人とでも気軽にコミュニケーションを取れる通信サービスだ。

 1871年、そんな「郵便」というシステムを日本に確立したのは、1円切手の肖像でおなじみの前島密だった。世界で初めて全国統一料金の近代郵便制度が発足したイギリスで画期的な仕組みを目の当たりにした前島は、積極的に日本へ輸入した。ポストの色を「赤」と決めたのも前島だった。

 2014年、郵便および通信の専門博物館として、郵政博物館が東京スカイツリーの麓にある商業施設「東京ソラマチ」の9階に開設された。千代田区にあった逓信総合博物館(2013年閉館)から収蔵品を引き継ぎ、日本に郵便が輸入されたばかりの頃の時代背景や、当時の運用実態を感じさせるゆかりの物を多数展示している。

郵便局員はラッパやピストルを持っていた

 明治時代、郵便局員はハガキたった1枚を届けるためにも、山奥の民家1軒を目指して、ひとりで歩いて向かったという。たとえば、ヨーロッパでは、郵便局員が手紙を届けに来たときに小さなホルンを鳴らして到着を知らせたというが、日本では当時、山道を歩く途中で猛獣に襲われないよう、熊よけの「ラッパ」を携帯していた。このラッパは渡船場で船頭を呼ぶのにも使われた。

日本の郵便制度が発足した直後の郵便配達員の携帯品が壁面に展示されている。ラッパやピストルなど、現代の感覚では驚くべきものも携帯していた。真夏には頭部が汗などで蒸れないよう、郵便の標章の付いた「麦わら帽子」(左端)をかぶっていた時期もあったという

 また、初期の郵便局員はピストルも携帯していたという。展示された古びたピストルについて、学芸員の冨永紀子氏が「人々から、何か貴重な物を運んでいるのではないかと誤解されたこともあり、護身用に持っていたそうです」と解説してくれた。

【参考記事】活字離れの今、この「活字」と印刷の歴史資料を堪能する



 郵便をめぐって人々に誤解されたものは他にもある。最初の郵便ポストは黒塗りで、縦に白い字で「郵便箱」と書かれていた(下写真の右側)。冨永氏によれば、地方から上京してその「郵便箱」を見かけた人の中には、「東京には変わった『垂れ便箱』がある」と、故郷に戻って言いふらした人もいたという。要は、ポストをトイレと勘違いしたというエピソードである。

日本の郵便制度が始まった当時の人車や、目安箱を参考に作られた初期型ポスト「書状集箱」。ユニークなエピソードがある黒塗りの「郵便箱」も再現されている

 ところで、現在のポストは四角くて赤いものが大半だが、昭和のいわゆる「丸形ポスト」が残っている地域もある。この丸形ポストで、差し入れ口が円形の出っ張りでグルリと取り囲まれているのは、なぜかご存知だろうか。

「これは明治時代のポストの差し入れ口に、回転式の丸いフタが付いていた名残です。大切な郵便物を保護する目的でしたが、フタが動かなくなるなどの故障も相次いだので、丸いフタは撤去されました。それでも、差し入れ口を囲む円形はそのままデザインとして残されたのです」(冨永氏)

館内のあちこちで明治時代~現代のポストが郵便の歴史を静かに物語る。その数、外国のものも含めると新旧あわせて16基。左から、航空郵便専用ポスト、俵谷式ポスト(レプリカ)、回転式ポスト、丸型庇付ポスト。右端は、出入口で来館者を迎えるスカイツリーをモチーフにした郵政博物館限定のポストで、実際に郵便物をここから投函できる

 一方、前島密は、ヨーロッパでは郵便局で貯金や保険も取り扱っていることを知り、この両事業も並行して積極的に日本の郵便制度に取り入れた。特に簡易保険を普及させる目的で、国民の健康増進に資するため、1928年に導入されたのが「ラジオ体操」である。

 郵政についてもっと深く知るなら「メッセージシアター」も必見だ。「コの字」型に配置された3面スクリーン映像で、飛脚の時代から現代まで、様々な切り口から日本の郵便の歴史が解説されている。

3面スクリーンの「メッセージシアター」では、数分単位のプログラムが入れ替わり投影され、日本の郵便の歴史について様々な角度から学ぶことができる

微細で美しい印刷の施された切手の世界

 日本の郵便局は、民営化される以前から税金が一切投入されず、一貫して独立採算で運営されてきた。そのような健全財政を支えた要素のひとつには、「切手」の存在が大きいかもしれない。

【参考記事】何時間でも思い出に浸れる、90年の放送史を詰め込んだミュージアム



 ご存知の通り、郵便手数料の受領証としての本来的な機能を果たすだけでなく、切手のコレクター(郵趣家)も昔から多い。おもに偽造防止の目的で、非常に微細で美しい印刷が施されている。そのため、たった数センチ四方の切手に、工芸品としての価値や魅力を見いだしたり、歴史背景やお国柄を感じ取ったりするのである。

 郵政博物館の「『切手』ノ世界」コーナーには、UPU(万国郵便連合)に加盟している世界中の国々(日本も加盟国のひとつ)から収集された、約33万種の切手が引き出し形式で展示されている(冒頭の写真)。人類史上初の切手、大英帝国の「ブラックペニー」から、北朝鮮のレアな切手まで、自由に閲覧可能だ(写真撮影は不可)。切手ファンなら――いや、そうでなくても――時間を忘れて没頭できるのではないか。

 ソラマチの客層は10~30代の女性が多く、したがって郵政博物館の来場者も、カップルや子ども連れのファミリー層が意外に多い。それもあってか、歴史的に貴重な資料だけでなく、その場でオリジナルのポストカードを制作できる「絵葉書クリエーター」や、郵便配達を模擬体験できるシミュレーションゲーム「Go! Go! ポストマン」といった仕掛けが用意されていて、万人を飽きさせない構成が整えられている。

ゆとりのある空間で、郵便・貯金・簡易保険の奥深い世界をじっくりと鑑賞できる。取材時も、若い来場者が切手コレクションに見入っていた

 外国人の来場者向けの対応は「これから」だというが、館内の案内には英語が併記されているし、自分の国の切手を見つけると、もれなく喜んでもらえるという。

 東京スカイツリーの観光の際は、郵政博物館に立ち寄ることを、どうぞお忘れなく。あまりにも当たり前の存在で、普段はなかなか意識に上らない「郵便・貯金・簡保」の知られざる魅力と積み重ねられた歴史について、ゆっくりと触れてみてはいかがだろうか。

郵政博物館住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F開館時間:10~17時30分(入場は30分前まで)休館日:不定休入館料:大人300円TEL:03-6240-4311               http://www.postalmuseum.jp/

日本再発見

最終更新:9/30(金) 12:16

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)