ここから本文です

BMW 3シリーズに新しいエントリーグレード「BMW 318iセダン/リーリング」を設定。価格は409万円から

clicccar 9/30(金) 8:03配信

現行のBMW3シリーズは320i系がエントリーグレードでしたが、2016年10月1日からラインナップに加わるのがBMW 318i。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

ついに3シリーズにも1.5L直列3気筒DOHCターボエンジンが搭載されることになります。



136ps/4400rpm、220Nm/1250-4300rpmというスペックは、1シリーズ(118i)などに搭載されている1.5Lの直列3気筒エンジンと同一。

BMW自慢の新世代モジュラーエンジンである1.5Lの直列3気筒BMWツインパワーターボには、ターボチャージャーや高精度ダイレクトインジェクションシステムをはじめ、無段階可変バルブコントロールシステムのバルブトロニック、バリアブルカムシャフトコントロールシステムのダブルVANOSといったBMW独自の革新的なツインパワーターボ技術が投入されています。

弟分の118iを走らせたことがありますが、絶対的なパワーはないものの、中・低速域で十分なトルク感があり、不満を抱かせるシーンはほとんどありません。

しかも、その気になれば「結構走ってくれる」エンジンという印象。



ひと回り以上大きく重い3シリーズでも実用上は「モアパワー」を感じさせることはないでしょうが、その走りが気になるところです。

同エンジンは、バランサーシャフトを備えた軽やかな吹け上がりと自然なレスポンス、スポーティなエンジンサウンドだけでなく、ダウンサイジングターボらしく燃料消費率(JC08モード)は、17.2km/Lの低燃費を実現。

装備では、夜間や日中の悪天候の中でも優れた視認性を提供する「LEDヘッドライト」、「LEDフォグ・ランプ(フロント&リヤ)」に加えて、万が一の事故発生時に、車両の通信機能を介してコールセンターに接続し、救急や消防といった機関を早急に手配することが可能な「BMW SOSコール」などの先進の通信技術、3年間にわたり主要項目のメインテナンスなどを無償提供するメンテナンス・パッケージ「BMWサービス・インクルーシブ」を全車標準装備。

さらに、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車線の逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」といった先進安全装備も充実(318i SEをのぞ標準装備)。

価格帯はセダンが「318i SE」の409万円から「318i M Sport」が489万円。ワゴンが「318i SEツーリング」の431万円から最上級グレードの「318i M Sportツーリング」の511万円となっています。

なお、318iは「平成32年度燃費基準」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成。エコカー減税の減税率は、自動車取得税で60%、重量税が50%減税、翌年度の自動車税も75%減税になります。



(塚田勝弘)

最終更新:9/30(金) 8:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革