ここから本文です

富士SWに6千人のマツダファン!「787B」デモラン披露【動画】

clicccar 9/30(金) 19:03配信

マツダは、9月25日(日)に富士スピードウェイで「人とクルマの絆を、もっともっと深くする」と題したファンイベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」を開催しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



早朝から多くのマツダ車が続々と押し寄せ、約6,000人もの来場者で会場は大いに賑わっていました。

イベント開始にあたり、実行委員長である寺田陽次郎氏が挨拶。



同イベントでは、幅広い層にマツダブランドを体感してもらおうと、同社の開発陣が来場者と直接対話したり、経営陣や開発リーダーによるトークセッションに加え、最新技術搭載車の体験試乗などが行われました。

一方、サーキットコースでは「コスモスポーツ」や「サバンナRX-3」、「カペラロータリー」、「RX-7」、「ファミリアロータリークーペ」など歴代レーシングカーのデモランや、ロードスターの公認レースなどが行われるなど、サーキットならではのコンテンツが実施されました。

さらにイベントの目玉として、1991年にルマン24時間耐久レースで総合優勝を果たし、 普段は広島県のマツダ本社内のマツダミュージアムに展示されている「MAZDA 787B」(55号車)のデモランが行われました。



最高出力700psを絞り出す総排気量2.6L(654cc×4)の「R26B」エンジンが放つハイトーンなサウンドは今なお健在。寺田陽次郎氏がドライバーを務め、エンジン全開でサーキットを4周しました。



クリッカーでは4年前、鈴鹿サーキット50周年記念イベントで、同氏による787B 55号車のデモランの様子をご紹介しましたが、今回はそれに続くものとなります。

前回はメインスタンド前ストレートを疾走する同車の様子をお伝えしましたが、今回は近距離からコース路面とほぼ同じ高さでマシンを捕捉できる名所、「プリウスコーナー」から撮影。



コクピット内で寺田氏が懸命に787Bを操る様子が窺えます。

SKYACTIVシリーズとしてのロータリーエンジン復活を望む声が高まる中、ファンにとっては垂涎のビッグイベントとなった次第。

次回は同社の経営陣やデザイナーによるトークショーの模様をご紹介したいと思います。

(Text/Photo:Avanti Yasunori)

最終更新:9/30(金) 19:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。