ここから本文です

夢の「可変圧縮比エンジン」を日産が世界初公開!その仕組みは?【パリモーターショー16】

clicccar 9/30(金) 18:54配信

2016年のパリモーターショーにおいて、日産がガソリンエンジンの明日を拓く、革新的なテクノロジーを搭載した新エンジン「VC-T」を世界初公開しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



長年の研究により実現した可変圧縮比技術を、量産型としては世界で初めて搭載した新型エンジンは、ハイパフォーマンスとエフィシェンシーを両立、ガソリンエンジンの理想ともいえるダウンサイジングターボです。

通常はクランクシャフトとピストンをつなぐのは一本の棒(コネクティングロッド)ですが、日産の可変圧縮比エンジンは、そこに複雑なマルチリンク機構を与えているのが特徴。これによりピストンの上死点の位置をシームレスに変化させることが可能になっています。

ハイパフォーマンスを求めるシーンでは低圧縮比に、高効率を追求する場合は高圧縮比にすることで、あらゆるシチュエーションにおいて理想的な圧縮比を実現できるというわけです。

圧縮比の可変範囲は8:1から14:1。走行状況やドライバーの操作に合わせて瞬時に、自在に変化するというのもポイントです。発表されているプロフィールは、2.0リッター4気筒。最高出力は200kW(268hp/272ps)、最大トルク390Nmを発生するといいます。

マルチシリンダーガソリンエンジンのパフォーマンスと、ディーゼルエンジンの高効率を持つ新型4気筒「VC-T」エンジン。現在の理想をバランスよく実現した、夢のエンジンともいえそうです。



(山本晋也)

最終更新:9/30(金) 18:54

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。