ここから本文です

ドライバー飛距離が最大38ヤード伸びる「高反発ボール」

NEWS ポストセブン 10/1(土) 7:00配信

「異次元のプレーが体感できる」と売り切れが続出しているのが「ルール不適合」のゴルフグッズだ。

 日本ゴルフ協会(JGA)が定めるルールに違反しているギアのことで、プロツアーはもとより、アマチュアの大会や会員制ゴルフクラブの月例競技会などでも使用できない。

 しかしこれは、多くのゴルファーにはまったく関係ないことだ。仲間内でラウンドする分には何も問題ない。飛距離もスコアも確実に伸びて、さらにラウンドが楽しくなるゴルフグッズを紹介しよう。

 中高年ゴルファーがゴルフをあきらめる大きな理由は、「若い頃より飛ばなくなった」というものだろう。

 しかし、瞬く間に若かりし日の飛距離を取り戻すことができる魅惑のドライバーが存在する。ゴルフ歴30年、65歳になるA氏が語る。

「驚きました。定年後、10歳年下の家内にオーバードライブされるようになってしまったんです。いくら赤マーク(レディースティー)から打っているとはいえ、プライドはズタズタです。でも、高反発のドライバーを手にすることで、再び亭主として威厳を保つことができている。不適合とは家内には内緒ですが(笑い)」

「高反発」とは、ルールを超える高い反発係数を持つドライバーのこと。

 日本では、昨年10月に大手メーカーのPRGR(プロギア)が参入したことで話題となった。同社が発売した高反発の『金エッグドライバー』(10万円・税抜き、以下同)は大ヒットとなった。

 今年4月にはさらに長尺となって飛距離が伸びる『金エッグドライバー ロングスペック』(12万円)を投入。いずれも高額商品で、〈※公式競技では使えません〉という但し書きが添えられているにもかかわらず、ゴルフショップでは品切れ状態が続いているという。

「ルール不適合であることをきちんとアナウンスした上で、高反発を必要としているユーザーのために販売しています。当初は70~80代のゴルファーを想定していましたが、昔のような飛びを取り戻して楽しみたいという60代のシニアゴルファーにも受け入れられています」

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。