ここから本文です

ファンが作ったSKE松村の「かおたん音頭」が話題に

Smartザテレビジョン 10/1(土) 0:28配信

SKE48のファンが同グループの松村香織をモチーフに制作した楽曲「かおたん音頭」が、一部のファンの間で話題になっている。

きっかけは、石田安奈が物憂げにたたずむ松村の写真をTwitterに投稿したことだった。これを見たファンが、その写真をアナログレコードのジャケット風に加工した画像を作成。歌詞も作り、Twitterに併せて投稿した。

これに他のファンも呼応。曲が付き、振りができ、YouTube上に振り付け動画も公開された。

すると、9月22日にはSKEの握手会が行われていた埼玉・さいたまスーパーアリーナの外で、数人のファンが輪を作って実際に「かおたん音頭」を踊ることに。この様子もYouTubeにアップされている。

また、松村本人もこの件については把握しているようで、「なにこれー!すごーい!#かおたん音頭 みんな覚えて」とTwitterで投稿したり、(途中で中断となってしまったが)SHOWROOMで歌を口ずさむ姿を見せたりしている。

松村は自身の写真集「無修正」(白夜書房)の発売1周年記念イベント(10月8日(土))や、応援団長を務める埼玉・和光市の「第三回レインボーコンサート」(10月15日(土))などに出演予定。現在は非公式の「かおたん音頭」だが、松村が踊りを披露する場面、ひいては松村とファンが一緒に踊るような機会は訪れるのだろうか。

最終更新:10/1(土) 0:28

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。