ここから本文です

麻木久仁子 4Kテレビ時代は髪質までバレる恐ろしい時代

NEWS ポストセブン 10/1(土) 7:00配信

 本誌・女性セブンが20~70代までの女性600人に聞いたアンケートでは、35才を境に白髪が目立ち始め、実際に白髪染めを始めたのは、「50~54才」という人が多いことがわかる。

 また、現在白髪染めをしている割合は、72.3%。さらに、「白髪染めをしている」と回答した人たちの中で、白髪染めを始めた年齢が一番多かったのが、50~54才で21.8%。続いて、40~49才と55~59才が18.0%と多かった。

 ただし、白髪染めを始めるまでは人知れず葛藤がある。茨城で自営業を営む浅井優子さん(60才、仮名)もそうだった。

「最後の出産が41才。そのせいか白髪が出てきたのが50才を過ぎてからでした。染めずにいたら52才になった頃にはごま塩状態になってきたんです。友人に“染めないの?”と聞かれれば、“私は自然のままでいいのよ。年をとるのは怖くないから”と答えていたんですが…」

 そんな彼女が白髪染めを始めたきっかけは、高校時代の同窓会だった。

「学校一のマドンナだった友人が白髪のロングヘアで現れたんです。美人だから、ある意味すごい迫力があったんですよね。言葉を選ばずに言うと、“鬼ババ”。笑顔は相変わらずかわいいんですけど、顔が整っているだけに、ふと黙った時の顔がすっごく怖くて。こういうのって理屈じゃないじゃない? 私、その翌日には美容院に行きましたよ。顔の造作がいいとか悪いとかじゃなく、印象の問題だってハッとしたんです。それで1回染めたら、これまで何を意地張っていたのかってバカバカしくなっちゃった」

 浅井さんのように一度白髪染めを受け入れると、女は解放される。広島県在住の主婦・吉田弓子さん(58才、仮名)が言う。

「不思議なことに、根元に白髪が目立つようになると、“私も年だからさぁ”とか“この年になると”とか、年齢を意識した言葉が増えてくるの。でも白髪染めをすると、年が気にならなくなる。そう思うと、白髪染めって、医療行為に近いかもね。白髪染め禁止令なんか出たら、絶対に病人が増えると思いますもの」

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 10:23

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。