ここから本文です

女性は秋冬も水虫に? 毎日ケアして予防しよう!

R25 10/1(土) 7:00配信

女性は秋冬も水虫に? 毎日ケアして予防しよう!

写真:R25 女性は秋冬も水虫に? 毎日ケアして予防しよう! より

今や5人に1人が水虫に悩まされている!? 水虫は男性の病気だと思っている人も少なくないのでは? 実は今、女性の間でも水虫が流行っているのです。製薬会社が実施した水虫に関する調査によると20~35歳の女性でも、4割の人が「過去に水虫に悩んだことがある」と回答したそう。でもどうして女性のなかで水虫が流行っているの?

ブーツ・パンプス・ストッキングで水虫の原因“白癬菌”が増える!?
水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が、皮膚表面の角質層に寄生することを原因とする皮膚感染症と言われ、角質層の成分であるケラチンを栄養源とし、高温多湿になると急激に増殖するそう。そのため、梅雨の時期に水虫になる人が多いのですが、女性は年中油断大敵。パンプスやストッキングを長時間履いていると足が蒸れ、菌が繁殖しやすい状態に。特に秋冬は、ブーツを履くことで足が蒸れ、白癬菌に寄生されやすくなるので要注意です。

気になる感染源はバスマットやスリッパ
白癬菌はいたるところにいます。バスマットやスリッパに潜伏していることが多いので、家のバスマットはできる限り毎日替える・水虫の人と同じスリッパを履かないことを心がけましょう。しかし、スーパー銭湯やフィットネスクラブのバスマット・スリッパは替えることができないので、100%白癬菌を回避することは難しいかも…。

とはいえ、ただ足に白癬菌がついただけで、すぐに水虫になるわけではありません。もし白癬菌がついてしまっても24時間以内に足をしっかり洗えば水虫にならないのだとか。予防のために、毎日お風呂に入り足をしっかり洗いましょう。ナイロンタオルなどで足をゴシゴシ洗うと、皮膚に傷がつき、そこから感染してしまう可能性があるので、せっけんやボディーソープを泡立て、優しく丁寧に足の指一本ずつしっかり洗い、お風呂からあがったら指の間の水分もふき取りましょう。


水虫になったら薬で完治させる
もし自分に水虫の症状が表れたら…家族で水虫の人がいたらどうするか。水虫を自然に治すことは難しく、薬でしっかり完治させるしかありません。皮膚科を受診して、足の症状が本当に水虫なのか診てもらってください。もし水虫だった場合は、完治するまでに数カ月かかりますが、様々な水虫の種類に適した治療法があるので安心です。

秋冬に増えやすい女性の水虫。なってしまったら、他の人へ移してしまわないように、しっかり治療・ケアをしていきましょう。
(文・山本健太郎/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/1(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ