ここから本文です

ふだんお菓子を作らない人でも簡単!「栗の渋皮煮」

東京ウォーカー 10/1(土) 15:30配信

芋栗かぼちゃの秋到来! ふだんはなかなかお菓子は作らない、という人も、せっかくの秋の味覚を味わってみてはいかが? 「栗の渋皮煮」は子どもはもちろん、少しだけ甘くておいしいものが食べたい大人にも嬉しいもの。休日に楽しみながら作るのがおすすめです。

鬼皮に光沢があり、ふっくらと丸いものを選ぼう

【栗の渋皮煮】(1個分78Kcal 調理時間180分)

<材料>栗1kg、グラニュー糖650g、重層1袋(12g)

<作り方>

(1)栗は、皮をむきやすくするために、一晩水につける。

(2)栗の底に包丁の刃を当ててひっぱり上げるようにして、渋皮までむかないように気をつけて鬼皮をむき、水にさらす。栗の水をきって鍋に入れ、水5カップを注ぎ、アクを取るために重曹を加え、強火にかける。沸騰したら弱火にして30分ゆで、ざるにあける。

(3)流水で洗ってしばらく水にさらす。鍋に戻して、再びかぶるくらいの水を入れて強火にかけ、10分ゆでてざるにあけ、水にさらす。これをもう一度繰り返す。

(4)3の栗の表面をスポンジで軽くこすってきれいにする。

(5)表面の筋を竹串でていねいに取り、水にさらす。

(6)鍋に水7カップとグラニュー糖を入れ、煮溶かしてみつを作る。さめてから栗の水をきってみつに加え、強火にかける。

(7)煮立ったら弱火にし、表面が乾かないようにペーパータオルで落としぶたをして30~40分煮る。そのまま一晩おいて味を含ませ、もう一度弱火で約30分煮る。さめたら密閉容器に入れる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/1(土) 15:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。