ここから本文です

超特急、東京ドームを目指しドSミッションに挑戦!

Smartザテレビジョン 10/1(土) 21:19配信

7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急のリョウガ、ユーキ、タカシの出演するバラエティ番組「超特急のムチャぶらツアー!」が、10月からTBSオンデマンドで配信、CS放送TBSチャンネル1で放送スタート。

【画像を見る】他のメンバーから「1番最初にゴールする」と予想されたリョウガ

同番組は、軍資金を稼ぎながらゴールとなる最終目的地・東京ドームを目指し競争するロケバラエティだ。ロケの始まる場所は、東京駅に繋がっている新幹線の終着駅。3人がそれぞれ別の駅から、無一文の状態で出発し、体力・知力・度胸・アドリブ力の全てが試されるミッションに挑戦する。

出演が決まった時の感想を聞かれるとリョウガは「超特急の中でも3バカと言われるメンバーの2人、ユーキとタカシ、そして人見知りの僕…ということで、“8号車” (=超特急ファンの愛称)から見ても不安だと思います(笑)。それに各自打ち合わせで、苦手なことを聞かれたので、過酷なミッションに挑む姿を見せることになりますが、乗り越えた分、たくさんの経験値を得ることができると思います」と不安と期待が入り混じっている様子。

ミッションに対し“自信しかない”というユーキは「初めてこういう企画をやらせていただくので、予測不可能なことがたくさん起こるでしょうし、本当に東京に戻ってこられるのかも不安です。けれど、こういったことができるという喜びもありますし、なにより今後も続くように、また視聴者の皆さんが僕たちに感情移入しちゃうぐらいの、たくさんのドラマが生まれたらいいなって思います」と意気込んだ。

ユーキとは反対に“オールジャンル苦手”と宣言したタカシは「収録やミッションの一つ一つに全力で頑張ります。また地方の良さや新たな魅力、そして超特急の意外な一面、さらには笑いも届けることができたらなと思うので、是非視聴者のみなさんには温かい目で見守っていただけるとうれしいです」と前向きな気持ちを語った。

最終更新:10/1(土) 21:19

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。