ここから本文です

水道橋博士 傾倒したアントニオ猪木との秘話「地上3000Mから降臨の猪木から激ビンタ」

BEST TIMES 10/1(土) 12:00配信

猪木の自伝をホテルの聖書と入れ替えて…

  猪木イズム…これは思春期の影響として、オレの体の中に刷り込まれているものですね。アントニオ猪木、梶原一騎、角川春樹。この3人は「3大キ印」って呼んでいるんですけど、この人達から受けたものはすごく大きいですよ。

 まず猪木さん自体の生涯がすごい。いま新潮社で文庫になっている『アントニオ猪木自伝』を、何十冊も書いだめして、行くホテル行くホテル、ホテルの机の中の聖書と入れ替えていましたね(笑)。これは日本人が読むべきバイブルだと。猪木派の福音書だと。

 百瀬(博教)さんをインタビューしたのがきっかけで、猪木さんご本人とも何度もプライベートで会うようになりました。それで百瀬さんと猪木さんのホテルでの打ち合わせとかにも同席しているから、いろいろ裏話とかも知っているんです。

2002年「Dynamite!」、地上3000Mから降臨の猪木から激ビンタ! 

 

 2002年に「Dynamite!」、国立競技場で10万人集めた試合で猪木さんが地上3000メートルから降りてくるという演出がありました。

 で、実はあの時、猪木さんはすごい怒っていたんです。なぜならノーギャラだから(笑)。百瀬さんに(事前の打ち合わせで)「猪木が空から降りてきて、、ってそんなことに値段つけられるわけねえだろ! ノーギャラでやれ!」って言われて。

 だからあの時、猪木さんはすごい不本意でやっていたんです。地上に降りてきてリングに上がった時の第一声が「オレは今怒っている!」と言うんだけど。じつはオレはあのとき、リングサイドにいて猪木さんに声援を送っていたんです。

 そしたら…猪木さんがパラシュートで降りてきて、殺気立って、リングに上がる前に猪木さんと眼があったら、「サアアア バアアン!」とおもいっきり顔を張られるんですよ。闘魂ビンタの本気版ですよ! (TV)放送にはオレの「ギャアアア!」という悲鳴だけ聞こえます。10万人の観衆の中でなんでオレだけそこまでやられないといけないんだと思いましたよ(笑)。

 そういうこともありました。最近のプロレスはずっと「猪木イズム」がなかったので、もの足らないって思い込んでいましたけど、今ようやく、オレもそういう猪木洗脳から脱してきましたね。

 でも、「猪木イズムとは何か?」って元バトラーツの石川雄規が言っているんですけど、「ロマンをとことん追求するヤツラをとことん追求すること、そしてそれを否定するヤツラをとことん追いかけていくこと、例えば自分が天国にいて、憎いやつが地獄にいたとしたら、わざわざ天国を捨てて地獄にぶん殴りに行く! そういうエネルギーが猪木イズムです!」って。

 それはプロレスに限らずの話で、もう一生を通じて猪木イズムを胸に、俺は洗脳されたままでイイって思うけどね(笑)。

 

写真:花井智子

最終更新:10/1(土) 12:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。