ここから本文です

朝ドラ女優の早織、主演映画で初ヌード&ベリーショートに挑戦し“女たらし”に

週刊女性PRIME 10/1(土) 5:00配信

『とと姉ちゃん』カフェ浪漫の女給役で、朝ドラ初出演を果たした早織。

「放送後は卒業した小・中・高の教職員の方から連絡がきて、その反響の大きさに驚きましたね」

 最近テンションが上がった出来事を尋ねると、

「『とと姉ちゃん』の撮影で綾さん役の阿部純子さんと共演して、話題になっている映画『君の名は。』を観に行きました。帰り道にリボンを髪に結んでいる女性とたまたますれ違って、2人で“あっ!”って盛り上がりました(笑)」

 10月1日公開の主演映画『過激派オペラ』(10月1日[土]より東京・テアトル新宿にてレイトショー)では初ヌードに挑戦するなど、新たな一面を見せている。

「初めてのことだったので、脱ぐことに抵抗がなかったと言うと噓になります。でも台本を読んだときに、そこを手加減するとつまらなくなると思ったので覚悟を決めました」

 伝説の劇団『毛皮族』主宰の江本純子の小説『股間』を原作に、江本自身が初監督を務めたことでも話題。

「主演ドラマ『ケータイ刑事 銭形雷』のプロデューサーが江本監督と仕事をしていた関係で、毛皮族という劇団がすごいという話は聞いていました。でも、当時は10代だったので“オトナになって見るといいよ”と言われていましたね(笑)」

 監督の要望に応えるため、ロングヘアをバッサリ切ったとか。

「潔い髪型のイメージということで、ベリーショートにしました。普段の身のこなしが演技にも出ると思ったので、撮影期間中はボーイッシュな格好で撮影以外の時間も過ごすようにしていましたね」

 今回演じたのは、“女たらし”の役だったが、本人は真逆に近いとか。

「積極的ではないですね。なので、相手を自分のペースに持っていく演技には苦労しました。警戒心も強いので、セールスで押されても買わない自信があります(笑)」

 劇団を立ち上げた演出家と女優たちのむき出しの感情を描いた作品。

「演劇に一生懸命生きている彼女たちの青春模様に、胸を熱くしていただけたら幸いです」

最終更新:10/1(土) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)