ここから本文です

あさのあつこが選ぶ“感動の3冊”「しんどいときに逃げ込める世界はいっぱいある」

週刊女性PRIME 10/1(土) 12:00配信

あさのあつこさんが感動した3冊

 累計発行部数1000万部の名作『バッテリー』をはじめ、多くの青春小説を世に届けてきた作家・あさのあつこさんは、本に救われた過去を振り返る。

「10代って、絶望する年代なんですよね。自分を閉ざし、逃げ場がないと感じてしまう。そのとき、本に“扉はあるよ”と教えてもらって、私は生き延びることができた。大げさではなく本当にそう思ってるんです」

 なかでも、「10代で出会った衝撃作であり、宝物」と語るのが、モームの自伝的長編小説、『人間の絆』。

■『人間の絆』(サマセット・モーム 著/新潮社)

幼くして両親を亡くし牧師の叔父夫婦に育てられた少年。足の障害というコンプレックスを抱え、挫折を繰り返しながらも医者を志す……。魂の成熟を描いた長編小説。

「冒頭で母親が亡くなるんです。無邪気に笑う幼いわが子と、涙する母の別れ。明け方の曇り空で陰鬱な雰囲気なのに、なぜこんなにも美しいんだろう、と。物語に対して“おもしろさ”ではなく、“美しさ”を感じた初めての作品でした」

 同作は主人公の9歳から30歳までの人生を描いたもの。さまざまな人物が複雑に絡み合いながら登場するが、特に印象に残ったのは、

「ミルドレッドという娼婦です。ひとりで生きて、ひとりで死ぬという意志が強く、武家の女のような格好よさに魅了されました」

 恋のために狂って人を殺す人、身を売る女、すべてを引き受けて死にゆく者。人の鮮やかさや多様さを知り、本、人、世界に対する認識が一変したという。

人生を悲観している人に読んでほしい

■『九尾の猫』(エラリー・クイーン 著/早川書房)

NY市を震え上がらせる連続絞殺魔「猫」。被害者の共通点が見つからず捜査は難航。過去の失敗を引きずる探偵エラリイは警視である父とともに犯人を追うが……。

 中学生で海外ミステリーにハマり“文学少女”となった、あさのさん。当時、謎解きのおもしろさや個性的なキャラクターが光って見えた『シャーロック・ホームズ』やアガサ・クリスティ作品に比べ地味だと感じたのがエラリー・クイーンの『九尾の猫』。

 ところが、結婚や出産を経験した後、30代になって読み返してみると、違う感動があった。

「読後が切ないんですよ。夫婦愛、人のどうしようもなさ、悲しみなどの“重み”が描かれています。人間関係に行き詰まって孤独を感じている人や、先の人生を悲観している人など、寂しさを抱えている人に読んでほしいですね。

 誰かがそばにいると、支え合えて素敵なこともあるけど、だからこそ背負わなければいけないことも出てくる。

 10代で読む本、30代で読む本、人を憎んでいるときに読む本、失恋直後に読む本など、読み手の状態でいかようにも作品の色は変わる。本当にいい本って、そういうもの。1対1で向き合ってくれて、自分のそのときの色を映してくれる」

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 12:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ