ここから本文です

Google、Facebook、IBM、マイクロソフト、アマゾンの「人工知能パートナーシップ」は何を目指すのか?

WIRED.jp 10/1(土) 8:10配信

「グーグルゾン」という、ある種のジャーゴンがある。読んで字のごとくグーグルとアマゾンとを合わせた駄洒落だが、ことばそのものは2004年につくられた「EPIC2014」というムーヴィーに登場する空想上の企業の名前に由来する。

8分少々のムーヴィーのなかでは、両社がひとつになることで既存のどのマスメディアより巨大なメディア企業ができ世界を制するだろうと予測されるのだが、もちろんそんな企業がいま存在するわけではない。

しかし、16年のいま、グーグルゾン以上の同盟が生まれることになった。グーグル(とくに、AIを担う傘下の企業、Deep Mind)、アマゾンに、フェイスブック、IBM、マイクロソフトを加えた5社が、「Partnership on AI」という名の新しい組織を設立した。

人工知能(AI)と人間との関係を語ろうとすると、人は必ずといっていいほどディストピア的な不安を抱くようだ。例えば、ロボットに仕事を奪われるのではないかだとか、オンラインで行われる顔認証にプライヴァシーは侵され、自律走行車が普及すれば人道的な運転も不可能になるのではといったところだ。

そして、この不安に対して、AIの進化を推し進めてきたテックジャイアントもまた、対応が必要だと考えているらしい。

Partnership on AIは、AIの目的や成果について広い対話を促進すべく発足したコンソーシアムだ。フェイスブックでAI部門のディレクターを務めるヤン・ルカンによれば、この団体は次の3つ方針のもとで運営されるという。

1. AIを構築する人々の間のコミュニケーションを促進すること
2. 学会や市民から出される意見をつないでいくこと
3. AIの進歩に関して一般に情報を提供すること

これは万人に開かれた組織だが、同時に、組織に属していようとも、AIの非倫理的な利用を進めようとしても、組織がその行為を止められるわけではないということも意味する。Partnership on AIの目的は、情報の収集と共有と、最良の実践とは何かを確立することにフォーカスをあてるものなのだ。

WIRED.jp_ST

最終更新:10/1(土) 8:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。