ここから本文です

新監督決定間近の埼玉西武に生じる二つの疑問。チーム再建に不可欠なフロントのビジョン

ベースボールチャンネル 10/1(土) 11:00配信

常勝の礎を作り上げた故根本陸男師の教え

 田邊徳雄監督が辞任会見をして数日しか経たないうちに、早くも西武の新監督が決まりそうな情勢だ。球団OBで、今季中日の1軍作戦兼守備コーチを務めた辻発彦氏に要請したと報じられている。その大きな理由は、守備再建を任せるにうってつけの人材だから、ということだ。
 
 今季、西武は12球団最多の100失策を記録(9月28日時点)。簡単なエラーで落とした試合も多く、守備の立て直しが不可欠なのは明らかである。

 辻氏の監督としての手腕は未知数ながら、1980年代中盤から常勝西武を名セカンドとして支え、「強かった西武を取り戻す」「守備再建」というイメージを打ち出すにはこれ以上ない人物かもしれない。

 しかし、ここで疑問が二つ浮かぶ。

 まず、守備のうまかった元選手を監督にすれば、チームの守備力は本当に上がるのだろうか。

 次に、球団として守備再建にどこまで本気で取り組む気があるのか。

 そう感じるのは、西武の守備が10年以上かけて地盤沈下を起こしてきたからだ。今季、35年ぶりの3シーズン連続Bクラスという屈辱を味わうことになったのは、チームからビジョンが失われてきたためである。
 
 1998年まで西武に在籍し、2軍守備走塁コーチや1軍打撃補佐などを務めた熊澤とおる氏が、「僕は守備をちゃんとやった生き残り」と話していたことがある。
 同氏によると、西武に守備の大切さを植え付けたのは、管理部長として常勝の礎を築いた故・根本陸夫氏だった。

「(バウンドが規則的な)人工芝ではゴロが飛んでくる位置にグローブさえ置いておけば、ボールが入ってきます。あとはプロに入ってくる身体能力を持った選手だから、ビュって投げればアウトになる。それでも、当時のコーチ陣は守備の大切さを理解し、捕球、送球の基本から口うるさく言っていました」

 ところが根本氏の哲学は徐々に顔を潜め、いつしか身体能力に優れる選手が守備の基本を身につけないまま、喝采を送られるようになっていた。それが若き日の松井稼頭央(楽天)、中島裕之(オリックス)だ。

 二人は高い運動能力や強肩を持ち合わせ、他の選手にはできないようなスーパープレーを披露できる反面、ステップワークやスローイングという基本技術向上を疎かにしたがためのエラーも少なくなかった。

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 11:23

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。