ここから本文です

犬を買うのではなく引き取るという選択肢

@DIME 2016/10/1(土) 11:10配信

犬を飼おうと思ったら、ほとんどの方はペットショップへ行くか、欲しい犬種が決まっている人であれば、直接ブリーダーのところへ向かうのではないでしょうか?しかし、それ以外にも保護施設(シェルター)から受け入れるという選択肢もあります。

保護施設とは、保健所などに連れてこられ殺処分になりそうな犬や猫を引き取り、新しい飼い主を探すなどの活動をしている団体が運営する施設です。

新たな飼い主を見つけるため保護施設では、様々な取り組みが行われていますが、中には、保護施設にきた犬の性格や病気の有無などを事細かに調べて、里親の下へ行った後も困らないようにサポートしてくれるところもあります。

犬を飼うかどうか迷っている人でもぜひ施設を訪ねてみてください。可愛い子犬を小さい頃から育てていくという選択肢がある一方、保護施設から納得した上で引き取って育てるという選択肢もあります。

今後、犬を飼おうと思っている方は、保護施設からの受け入れも考えてみてはいかがでしょうか。

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:2016/10/1(土) 11:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年3月号
1月16日発売

定価600円

だから売れている223点技あり日用品
『最強の働き方』で人生を変える!
めくるめく餃子の魅力!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。