ここから本文です

三谷幸喜「関ヶ原の戦い」肩すかしで籾井会長に“苦情”殺到

女性自身 10/1(土) 6:01配信

「現場で台本を渡された出演者から、『本当にないの!?』と驚きの声が上がりました。あらためてオンエアを見た後に『あまりに呆気なかった』と残念がる出演者もいました」(NHK関係者)

 ネット上でも話題になった大河ドラマ『真田丸』第36話『勝負』。「合戦シーンで視聴率を上げる」と言われる大河ドラマで、天下分け目の「関ヶ原の戦い」がわずか50秒、合戦シーンはいっさいなく、真田家の家臣・佐助(藤井隆)が、『徳川方の大勝利でございます』と結果を報告しただけで終わってしまったのだ。

 放送翌日、NHKには苦情の電話やメールが殺到したという。

「籾井勝人会長のもとにも政財界の知人から『あれはないんじゃないか』『予算が足りなかったのか』とお叱りの電話が入ったようです(苦笑)」(NHK幹部)

 史実では、いよいよこのあとに豊臣家が滅亡する“大坂の陣”となるが――。

「クランクアップは来月の予定ですが、“大坂の陣”がどうなるか、三谷さんの筆が遅く、まだ台本が出来てないんです。ただ、茨城県にある広大な“合戦用”撮影所が押さえられてるので、今度こそ合戦シーンがあるはず。ここまで、制作費がかさむ演出もあまりなかったので、“大坂の陣”はとんでもないスケールになるんじゃないかと、局員は希望を込めて願ってます」(NHK関係者)

 いったいどんな“大阪の陣”になるのか――。

最終更新:10/1(土) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革